上智大学

学部・大学院 物質生命理工学科

物理学、化学、生物学など、既存の学問を融合し地球環境に融和した新しい物質・生命観を実現する

教育方針

自然界にある「物質と生命」を探究(=Science)し、新物質の創成、資源の循環利用、新しい物性・機能の構築などを目指す学科です。ここでは物理学、化学、生物学、環境科学、材料工学など既存の学問分野を包括的・複合的に融合して学びます。原子・分子から高分子・生命現象におよぶ物質の基礎を学び、そのうえで「物質とナノテクノロジー」「環境と生命の調和」「高機能材料の創成」をキーテーマとするカリキュラムを設け、理工融合による「複合知」を目指した専門教育を行います。自然と融和した新しい物質観と生命観を身につけ、産業の高度化や環境保全に役立て、さらに科学技術英語教育により国際競争力のある科学者、技術者を育成します。

カリキュラムの特徴

物質生命理工学科のカリキュラムでは、物理学、化学、生物学、環境科学などの専門性を重視しつつ、一つの専門領域にとらわれず、それらを融合させた「複合知」の習得を目指します。1年次に学部共通の基礎科目を修得後、2年次からはレベルアップした基礎科目や物質生命理工学を学び、化学、生物、物理、環境、材料を中心にバラエティに富んだ「実験・演習」を行います。3 ~ 4年次の専門分野として、3つのキーテーマ「物質とナノテクノロジー」「環境と生命の調和」「高機能材料の創成」を設置。さらにその中で3つの学問系列「化学・応用化学系」「環境・生命系」「材料・分子科学系」を設け、各自、関心のある系列を重点的かつ体系的に履修できます。それらの知識と実験をもとに、4年間の集大成として卒業研究を行います。

教員・研究分野

職名
氏名
現在の専門分野
教授
東 善郎
原子分子物理学と放射光科学
教授
板谷 清司 
高機能な多機能セラミックスの研究・開発
教授 
内田 寛
無機マイクロ/ナノ材料の合成プロセスと応用に関する研究
教授
岡田 邦宏
原子分子物理学(実験)。低温におけるイオン分子反応の研究
教授 
神澤 信行
機能生物化学、植物生理が専門。植物の傾性運動などについて研究
教授
木川田 喜一
地球化学が専門。火山・温泉地域における物質循環などを研究
教授
久世 信彦
物理化学が専門。電子線、マイクロ波を利用して分子構造を研究
教授
齊籐 玉緒
細胞間情報伝達物質の分子生物学的研究
教授
鈴木 教之
金属-炭素間の結合を活かした新しい有機化合物についての研究
教授
高橋 和夫
燃焼の化学反応解明と環境低負荷燃焼技術の研究
教授
竹岡 裕子
生分解性高分子や導電性高分子など機能性高分子の研究
教授
千葉 篤彦
動物生理・行動が専門。脳の機能と行動発現について研究
教授
長尾 宏隆
錯体化学や生物無機化学的な観点から、金属錯体の合成や反応などを研究
教授 
南部 伸孝
化学反応の理論的解明および機能分子設計
教授
林 謙介
神経科学、神経細胞の形態形成と機能分化
教授
早下 隆士
超分子形成に基づく新しい分離・分析法を開発
教授
藤田 正博
イオン液体と高分子を用いた機能材料の開発
教授
星野 正光
量子ビームを用いた原子・分子過程の実験的研究
教授 
安増 茂樹
孵化酵素遺伝子の分子進化と孵化腺細胞分化の研究
教授 
陸川 政弘
高分子電解質形燃料電池、人工骨材料などについて研究
准教授
臼杵 豊展
自然界に存在する生物活性天然有機化合物の化学的研究
准教授
小田切 丈
原子衝突物理。衝突準分子の分光・動力学
准教授 
川口 眞理
タツノオトシゴなど、魚類の多様性進化と環境適応進化
准教授
近藤 次郎
生体高分子の構造研究と創薬・材料科学への応用
准教授 鈴木 伸洋 植物の環境ストレス応答を制御する分子生物学的機構の研究
准教授
鈴木 由美子
創薬および生命科学を志向した有機化学的研究
准教授
田中 邦翁
大気圧グロープラズマを利用した基礎・応用両面についての研究
准教授
セバスチャン・オスカー・ダニエラチェ
化学速度論および安定同位体を用いた大気化学ダイナミックスの研究
准教授 モーガン・レスリー・トマス 新規電解液、二酸化炭素の利用、電池などの研究
准教授 
橋本 剛
超分子複合体・金属錯体・電気化学を用いた新しい分離・分析法の開発
准教授
藤原 誠
植物オルガネラの形態・分裂に関する分子細胞生物学的研究
准教授
堀越 智
光触媒、マイクロ波化学による環境保全、エネルギー獲得の研究
助教
荒木 剛
細胞内シグナル伝達機構の細胞生化学的研究
助教 三澤 智世 遷移金属錯体を用いた物質変換反応の開発および反応理解