応用データサイエンス学位プログラム

これまでのキャリアの中での学びをさらに加速させるデータサイエンスを学ぶ

上智大学は、データサイエンスを実践的に学ぶ大学院「応用データサイエンス学位プログラム(修士課程)」を2023年4月に開設します。日本におけるデータサイエンス教育は、これまで主として大学の理工学分野で進められてきました。一方で、超スマート社会Society5.0への対応が迫られる変化の激しい社会においては 、理工学分野を専門とする人材だけでなく、すべてのビジネスパーソンがデータサイエンスに関する知見を持ち、データを読み解き、課題を解決し、新たなビジネスに応用・展開する力を身につけることが求められています。

「応用データサイエンス学位プログラム」は、「理論と実務の架け橋」をキーワードに、学術的な専門知識とそれを実社会で応用・展開する実践力を併せ持つ実務家の育成を目指します。社会の急速な変化に対応し、データサイエンスの知見によって課題を解決できる人材の育成に向けて、上智大学大学院の経済学・理工学・地球環境学の3研究科が連携。「応用データサイエンス」というテーマの下に組織化・体系化された横断型学位プログラムを設けました。これからのデータ活用社会における課題の解決に取り組み、新たな世界を切り拓くプロフェッショナルを養成します。

カリキュラムの特徴

連係研究科から応用データサイエンス学位プログラムに参画するアカデミック系専任教員は主に学術的な観点から指導を行い、実務系専任教員は修士課程修了後、実社会における即戦力として活躍するための実践力に重点をおいた指導を行います。演習を中心とする「実習科目」、データサイエンスの基礎から応用までを広く学ぶ「選択科目」、データサイエンスに加え経営学などの学術的知見の幅を広げ、深めていく「連携科目」によって、即戦力としてデータ活用社会を牽引する実務家に必要な素養を身につけます。専任教員以外にも、企業から派遣される講師による科目を多数配置するほか、2年次には企業の現場で学びを深めるインターンシップ科目も開講します。

授与学位

  • 修士(応用データサイエンス)

応用データサイエンス学位プログラムの特色

専門領域の異なる多様な教員とビジネスの第一線に立つ実務家教員から学ぶ

最大の特長は、データサイエンスを応用・展開している3つの大学院研究科(経済学研究科・理工学研究科・地球環境学研究科)の専任教員と、特にビジネスの現場においてデータサイエンスの実務経験豊富な実務系教員が協働し、教育を行う点にあります。

経済学、理工学、環境学を主とする主とするこれらの研究科が連携することで、経済学、経営学、理学、工学、情報学、環境学など多様な学問分野をカバーすることが可能。それらの学問分野を実社会に応用・展開していく力を養うことを主眼に置いて教育課程編成および教員組織編成を行っています。

多様な学生たちが一人ひとりに最適化したカリキュラムで柔軟に学ぶ

多様なバックグラウンドを持つ学生を受け入れ、大学院での学びを経て、データ活用社会を牽引する実務家を育成するプログラムです。受験・入学にあたって、出身学部の分野や履修科目などの指定、職務経験などの要件は設定していません。個々の学習歴や職歴の有無や、その内容に応じて、既存の知識のブラッシュアップや不足しているスキルの強化など、自分の目指すキャリアを踏まえたカリキュラムを自ら組み立てて学ぶことが可能です。

都心のキャンパスで授業は平日夕方中心に開講、社会人も学びやすい環境

本プログラムでは、社会人のリカレント教育を使命の1つとしていることから昼夜開講制を採用しています。授業は平日夕方を中心に開講し、社会人が学びやすい環境を整備。キャンパスはJR、東京メトロが複数乗り入れる四ツ谷駅前ということもあり、仕事帰りに通学しやすい立地です。

※修了にあたっては、昼開講科目の履修も一定数必要となります。

教育の目的・方針

応用データサイエンスおよび関連分野の発展に寄与するとともに、データサイエンスに係る専門知識を実社会に応用・展開して、現代社会における多様な課題の解決に取り組み、人間社会の発展に貢献できる高度専門職業人の養成を目的とする。

本学位プログラムでは、応用データサイエンスおよび関連分野の発展に寄与するとともに、専門知識を実社会に応用・展開し、データサイエンスを用いて人間社会の発展に貢献できる人材の養成を目的に、学生が修了時に身につけるべき能力や知識を次のように定めています。修了要件を満たし審査に合格すれば、これらを身につけたものと認め、学位を授与します。

 

  1. 応用データサイエンスおよび関連分野において最先端で活躍できる専門知識を身につけるとともに、新手法の開発や新分野の開拓をできる力
  2. 自らの専門分野に加え、それ以外の自然科学あるいは社会科学との学際分野も含めて広範に学ぶことにより、データサイエンスが人間社会や地球環境に与える影響などを多面的に捉える力
  3. 専門分野に関する課題について、データの収集,分析,活用まで幅広く実行できる力
  4. 自らの研究成果を論理的に整理して的確に伝え、特定課題研究としてまとめる力
  5. 研究課題の達成を通じて、実社会においてグローバルレベルで即戦力となり、データ活用社会を牽引する力

本学位プログラムでは、ディプロマ・ポリシーに沿って、データサイエンスを様々な分野に応用し、データ活用社会を牽引する力を養成するために、データサイエンスの基礎知識やスキルおよびリテラシーや学術的な視点、実務に活用・応用できる実践力を習得するための幅広い専門科目を配置して、以下のようにカリキュラムを編成している。

 

  1. データサイエンスの基礎から実践まで幅広い分野を俯瞰し、本プログラムで学ぶ内容の理解を促すための必修科目として「データサイエンス概論」を1年次春学期に配置する。
  2. データサイエンスの基礎スキルやリテラシーの習得とあわせ、データを扱う上で配慮すべき倫理的側面の理解を促す講義・演習科目を1年次に配置する。
  3. データサイエンスおよび関連分野に関する学術的な視点や専門知識および実務で応用するための視点やスキルを習得する講義科目を1年次に配置するとともに、それらの視点や知識・スキルを実社会で活用する力を養う必修科目として「導入演習」を1年次秋学期に配置する。
  4. データサイエンスを応用した実例を体感し、データの収集,分析,活用等の実践力を習得するための実践系講義科目およびインターンシップ、学術的な応用力を養成するための様々な学問分野における分析手法や応用事例を学ぶ連携科目を2年次に配置する。
  5. 特定課題作成と口頭報告の能力を習得するための必修科目として、学術的なアプローチによる指導を行う「演習A」、それと並行して実社会での動向や事例を踏まえた指導を行う「演習B」を2年次に配置するとともに、両科目を横断する形での合同研究報告会を実施する。
  6. 研究を現実の社会問題に応用する力を習得するため、各専門科目においてディスカッションや演習を取り入れるとともに、関連学会への参加を促進する。

本課程は、次のような資質と意欲をもつ学生を求めています。

 

  1. データサイエンスに係る専門知識を積極的に活用し、現代社会における多様な課題の解決に取り組み、応用データサイエンスによって人間社会の発展に貢献できる学生
  2. 応用データサイエンスの知識・技術を用い、実践的データを活用した新たな分野を社会で開拓・発展させようという意欲をもっている学生

教員一覧

2023年4月以降に公開予定です。

上智大学 Sophia University