上智大学

学部・大学院 言語学専攻

言語研究の多角的アプローチを基に人間性の本質を探求

日進月歩の躍進を続けている言語諸科学は近年、内部にさらなる飛躍の可能性を持ちつつ、その分析と説明の対象となる現象の範囲を広げつつあります。本専攻では、各自の専攻言語(英語、ドイツ語、フランス語、イスパニア語、ロシア語、ポルトガル語、日本語)の研究と一般言語理論の研究は相即不離の関係にあると考えて指導を行っています。同時に言語教育、言語聴覚障害研究、コンピュータ言語学など、一般言語理論と関連する応用言語の研究面も充実させています。また各分野における著名な学者を招いたり、国内外の優秀な学生を受け入れることで、研究を発展させる知的な刺激が得られる環境を整えているのも特長の一つです。こうした取り組みの成果として数多くの修了生が教育機関を中心に活躍しています。博士前期課程では各自の専攻言語の知識を基礎に、言語学の基礎的概念と方法を学び、特定領域をテーマとする修士論文を作成し、研究方法や論文のまとめ方を身につけます。博士後期課程では3年間での博士論文作成を第一の目的としています。入試は研究計画書等の提出、面接を実施し、計画内容の適切性と実現可能性の視点から選抜します。

多種多様な科目が開講

必須科目である「音声学・音韻論基礎」「統辞論基礎」をはじめとして、応用言語学や社会言語学に至る多種多様な科目を開講。幅広い素養を備えた研究者の育成を行います。

専門分野以外も履修

博士後期課程では、各自の専攻言語や専門分野の体系についての知識を深めると同時に、特定の専攻分野に片寄らない観察力と分析力も養うため、専攻分野以外から履修ができます。

言語聴覚研究コース

言語聴覚研究コースでは、コミュニケーション障害について基礎理論から臨床(治療教育やリハビリ)に至る科目を通じて、広い視野と豊かな人間性を備えた指導者および研究者の養成を目指しています。指定科目を履修することにより言語聴覚士の国家試験受験資格の取得が可能です。

>>言語聴覚研究コースオリジナルサイトはこちら
http://dept.sophia.ac.jp/is/solific/surecc/ent/

英語教授法コース

英語指導の理論的知識を基盤として、さらに高度な実践力を鍛えることを目標とした、現役の英語教員、および将来英語教育に携わりたいと考えている方々を対象にしたコースです。必要な単位はすべて英語で取得することができます。

日本語教育学コース

2015年4月から新規に開設されました。学内の日本語教育の現場と連動して実践を学ぶと同時に、第二言語としての日本語研究を進めます。研究科の多様な言語学科目を履修できます。

修了生の最近の主な研究テーマ

〈修士論文〉

  • Properties of the Japanese“ complementizer” ka: through the ka to construction
  • The influencing factors of L1 use by Japanese university-level EFL instructors
  • An Analysis of Intercultural Communicative Competence in EFL Teaching Materials and Related Activities in Colombian Public Secondary Schools
  • Encouraging EFL Learners to Speak Up in Class: Psychologically Safe Learning Environment and Classroom Practice
  • The Syntactic transfer from Vietnamese and Japanese on spoken English of Vietnamese students in Japan
  • A comparison of image -schema- based instruction and translation - based instruction on the acquisition of prepositions: The case of teaching phrasal verbs to Chinese adults in Japan
  • Exploratory Action Research in Aviation English - The Case of Trainee Pilots Learning English for Specific Purposes
  • Non-selected Argument Constructions in Mandarin Chinese
  • Preliminary Power Posing as a Relaxation Technique for EFL Academic Presentations
  • Influence of the Use of Hand Gestures on Speech Production by Japanese Learners Learning English as a Foreign Language
  • Teachers' Beliefs and Practices of CLIL in Higher Education
  • Incorporating CLIL in Mixed-Ability Classes: An Exploratory Case Study of Japanese Learners of English
  • The Influence of Developing Self-talk as a Conscious Learning Strategy on the Oral Fluency of English for EFL Adult Learners
  • 失語症者における文レベルでの聴覚的理解障害と言語の階層性との関係 — 文法性判断テストによる「経済性の原理」の検討—
  • 失語症者のグループ活動におけるコミュニケーションの困難とその解決について
  • 自閉症スペクトラム児の動作語表現—図版への興味の度合いが表現に与える影響—
  • 文法性判断課題による二次述語の基本語順の検討—若年群と中高年群の比較—
  • 語彙習得に対するタスクタイプ及び語彙出現頻度の影響—関与負荷仮説の枠組による読解タスクを通して—
  • 聴覚障害者の日本語単語アクセントの知覚におけるピッチレンジと発話持続時間の影響
  • 失語症における特殊音節の書字能力と音韻意識との関連—天野モデルからの検討—
  • 中国人日本語学習者の依頼表現に見られる語用論的転移の双方向性
  • 中国語を母語とする日本語学習者の意味推測による和語動詞の習得に関する研究—漢字の影響を中心にして—
  • フランス人日本語学習者の「不満表明」表現の特徴の考察
  • 「慰め」における中国人日本語学習者の特徴

〈博士論文〉

  • Second Language Teaching and Learning: A Sociocultural Theory Perspective - A Case of Systemic Theoretical Instruction Using Cognitive Linguistics Account of English Modal Verbs for Japanese University Students -
  • Authenticity, motivation and the process of authentication in the Japanese EFL environment: Japanese university students' motivation and perceptions of authenticity in relation to classroom materials
  • La relación entre foco y prosodia en castellano: Análisis de la producción en españoles y la percepción por españoles y estudiantes japonesas de ELE