上智大学

学部・大学院 国際関係論専攻

グローバル化時代の世界を研究する

本専攻は1971年4月、上智大学国際関係研究所、イベロアメリカ研究所、外国語学部ドイツ語学科、フランス語学科、イスパニア語学科、ロシア語学科、ポルトガル語学科などの所員と教員組織を基盤にして、修士課程として開設されました。1973年4月、博士後期課程の設置に伴い、修士課程は博士前期課程となって現在に至ります。

発足以来現在までに400名を超える修士を社会に送り出し、修了生の多くは国内外の研究・教育機関(たとえば、大学の専任教員は60数名)や、国連をはじめとする国際機関で活躍しています。2020年度までの博士号の取得者は44名であり、今後は課程博士の増加が期待されます。

「20世紀は戦争の世紀」と言われるように世界は多くの戦争、紛争、内戦等を経験してきました。上智大学は、カトリック大学として、そのような戦争等による社会の荒廃を避け、人びとが自由に人間らしく生きられるように、世界中の国々や人びとの相互理解を目指すのが建学の理念です。そこで、それらの出来事の原因や過程とその影響に関して研究する国際関係論をディシプリンの柱とする本専攻が設立されました。

このような成立経緯からもうかがえるように、本専攻の使命は、世界における平和と正義の問題に積極的に取り組み、戦争を防止し、多様性に富みかつ自由な国際社会を築けるような問題関心を持ち、今日の国際社会が直面する諸問題の解決に積極的に貢献できるような研究者や専門家を養成することです。

学際的・多面的研究

国際関係論研究は、学際的な研究手法で成り立つ研究分野です。国際統合、トランスナショナル関係、グローバル化、国際安全保障、戦争と平和、開発と貧困、国際環境保全といったテーマは、国際政治学、国際経済学、国際法、国際社会学といったさまざまな研究手法を駆使してはじめて取り組みが可能になります。一方、民主化、市民社会、ジェノサイド、ジェンダー、移民と難民、人権、外交政策といったテーマは、政治学、法学、社会学、経済学、それに歴史学といったさまざまな手法からの分析が求められます。英知を集め、世界の平和および世界の人々の自由と安全の実現を探究します。

国際・国内の比較

ひとつの国家・社会に住む人びとを観察すると、政治社会制度などで共通点が見える一方、異なった文化や習慣も発見できます。国家または世界の各地を比べてみても、同質性や異質性が見えます。こうした同質性や異質性を発見し、その淵源や意味を問う方法として比較研究法があります。比較を通して、複数国家における政治体制や民主化・紛争と人口移動・経済発展と開発・言語と文化、また特定の国家の歴史・外交・政治・文化・経済現象などを探究します。

地域・グローバル化

世界を理解する方法として、国家を越えた世界の各地域ないしは地球全体をひとつのユニットと捉え考察する方法があります。平和構築、安全保障、地球環境問題、地域紛争と世界大戦、越境移民、国際貿易と富の不均等配分、文化の衝突、地球市民社会と国家など、世界がグローバル化する過程でいっそう複雑になる現象を探求理解し、問題解決への道筋を提示します。

修了生の最近の主な研究テーマ

  • “ Good Governance in Timor-Leste through Improved Coordination System between Offices of Ombudsman and Inspector General of State”
  • U.S. Ratification of the Protocol on Child Soldiers: Examining the Siginificance of the U.S. Ratification
  • 近代中国東北における「蒙古旗の満洲人」の民族アイデンティティー ─ 吉林省扶余県「老何家」を事例にして─
  • 中国の軍事外交-合同軍事演習・訓練から見る中国の戦略性-
  • 北極海のガバナンスにおける法と政治-航路の管理をめぐって-
  • 紛争後のリベリアにおける国軍再創設-族的対立との関係性-
  • ブラジル沖縄系移民の社会移動─カンタレイラ市場をめぐるエスニック・ビジネス─
  • 米国大統領選挙における選挙戦略の規定要因─全50州での資金投入量の観点から─
  • ベトナム戦争後の米海兵隊の改革再考─多元的な力学の分析を通じて─

国際関係論専攻オリジナルサイトはこちら http://dept.sophia.ac.jp/g/gs/ir/