上智大学

学部・大学院 地域研究専攻

地域からの発想とグローバルな視点を育てるプログラム

地域研究は感性の学問ともいわれています。地域研究が、地域への愛着や共感、現地社会の生活や文化に親しむこと、国単位ではない地域社会からの発想、複数の学問による共同研究などを特徴としているからです。21世紀に入って重要な課題となっていることは、国境を越えた飢餓問題、地域紛争や部族対立、地球温暖化などの環境問題の深刻化、グローバルな共生の価値観の構築などです。これらの諸現象は、ますます地域研究の必要性を高めています。本学が1997年、専門的な地域研究専攻を設けたのはこのような時代の要請に応えるためでした。本専攻では、東南アジア、南アジア、中東、アフリカ、ラテンアメリカ、ヨーロッパを対象とした地域の歴史、社会、文化、政治、経済、開発などを広く学び、地域に関する高度な知識を有する専門家を養成すべく指導を行っています。

博士前期課程ではゼミ形式の地域研究専門科目と各地域の開発等を検討する科目群やフィールドワークを履修してその地域への専門的理解を深めます。それとともに共通必修科目によって研究に必要とされる方法論を学び、2年次には指導教員のもとで修士論文の作成に取り組みます。博士後期課程は複数の教員の指導を受け、各自の研究テーマを深く究めます。

2年次には、博士論文提出資格試験(課題論文の提出と口述試験及び外国語試験)の後に研究計画書を作成し、博士論文の執筆に専念する体制となっています。この専攻の修了者には国内外の地域研究専門機関、シンクタンク、メディア、官公庁、民間会社などへの進路が開かれています。

地域言語の習得が必須

本専攻は新しい学問領域であるため、方法論を確立する努力が必要とされ、深い問題意識と行動力が求められます。また、研究対象地域を内側から理解するため、地域言語の習得を必須としています。

地域の視点に立ってグローバルな共生を志向

異なる複数の学問、あるいは個別の地域の研究成果は一見、ばらばらに存在しているように思えますが、共同研究を柱とする地域研究はこれらの知識や発想などを共有することで、既存の学問ではとらえきれない問題に立ち向かいます。地域の視点に立ちつつ、グローバルな現象を明らかにしようとしているともいえます。グローバルな市民社会とローカルな多様性を支える次世代地域研究者の育成に努めています。

修了生の最近の主な研究テーマ

  • 国営石油会社「Sonatrach」とアルジェリアの統治システム─ ブーテフリカ政権期の炭化水素産業の政治過程─
  • フィリピン・マニラ首都圏バレンスェラ市における牧師の社会関与
  • ブラジルにおける連帯経済の経験と課題─ 2つのコミュニティバンクの比較から─
  • ビルマにおける1962年クーデター前後の高等教育政策の連続性
  • チャベス政権の参加型民主主義の実態と課題─ ベネズエラにおける地域住民委員会の分析を通して─