上智大学

学部・大学院 教育学専攻

国際化時代の人間形成を
追究する研究活動

人間形成の学問ともいえる教育学は、人の成長・発達に関連するすべての事象を研究対象とし、そうした諸現象を思想、歴史、社会学、心理学、比較、実践、政策といった多様な視点から考察し、意義づける総合的学問です。本専攻では教育哲学、日本教育史、教育方法学、教育社会学、学校教育学、学校臨床社会学、比較国際教育学、国際教育開発学の8つの専門領域(2020年度現在)を研究する教員が、理論と実践の両面にわたって研究を行いながら、国際化時代に求められる現実科学としての教育学を究めています。

博士前期課程は大学院生の専門分野に応じて、研究の基礎的資質を育て高めることを重視しています。指導にあたっては特殊研究分野に偏ることがないように8領域全体に目を配り、多面的に研究方法が修得できるように配慮しています。2年次春学期には修士論文の中間発表が行われ、全教員から指導と助言を受けます。

博士後期課程では、専門分野を深く掘り下げた研究に取り組み、課程博士論文の完成を目指します。そのために指導委員会が編成され、論文作成に向けた指導が行われます。2009~2011年度に各1名、2012年度に2名、2014年度に2名、2017年度に1名、2018年度に1名、博士号を授与しました。また学会での発表に向けた細やかな指導も行われています。なお本専攻では英語による修学も可能です。

教育の根源を問う

教育に関する根源的・本質的な諸課題に対して、キリスト教的価値観を踏まえながら、日本ならびに西欧の歴史的、哲学・思想的な知の蓄積に基づき、積極的に対峙し、探究しています。

国際的な視野に立つ

グローバル化する今日の多様な社会における教育の理念的・実践的なあり方に関して、欧米諸国のみならずアジア諸国や開発途上国の経験を取り込みながら、国際的な視野のもとで研究・教育に取り組んでいます。

研究と実践を架橋する

教育学の社会的な意義や今日的な役割について多角的に考察するとともに、 研究と実践を架橋することを目指しています。

学びの場の多様性を確保する

英語による科目の開設、他研究科とのクロス・リスティング、国連大学の委託聴講生制度等の活用により学びの場の多様性を確保しています。

修了生の最近の主な研究テーマ

  • 1991年独立後ラトヴィア共和国における国民形成期の教育と社会的結束─ 若者の経験と高等教育の役割に焦点を当てて─
  • 和田義信の思想にみる算数・数学科学力論─ 昭和26年と平成29年の小学校学習指導要領 算数科の比較を通して─
  • 中国における義務教育段階の教員養成と研修について─ 河北省唐山市の都市部と農村部小学校の比較─
  • ベトナムの理科系科目授業における実践課題─ 高等学校の実験設備の利用状況から─
  • 地域における人材確保から見る日本の地方大学の留学生受け入れ─ 静岡県を例にして─
  • レバノン共和国に居住するシリア難民の自尊感情検討─公立校編入前教育で学ぶ子どもに着目して—
  • ネパール連邦民主共和国における低学費私立学校の役割と課題─都市部で暮らす貧困児童の教育機会に焦点を当てて —
  • 学校選択制導入の経緯と現状に関する社会学的分析─品川区の事例に基づいて—
  • 社会科教育における「視点の移動」 ─ 多元主義社会からの要請と意義─
  • 文化資本・経済資本・社会関係資本と学力の関係 ─ つながり格差の再検討─
  • Teachers' Perceived Role of Education for Social Cohesion in Myanmar
  • Democracy and School-Based Management: Assessing Community Participation in School Development Projects at Grassroots Level in Malawi


>> 教育学専攻のオリジナルサイトはこちら