上智大学

学部・大学院 心理学専攻

基礎と臨床を幅広く学べる大学院

人間行動と人間理解についての知識を高め、それによって人類の福祉に貢献しようとする科学が心理学です。この学問は基盤こそ共通していますが、医学でいえば基礎医学にあたる基礎心理学系の諸領域と、臨床医学にあたる臨床心理学系の諸領域に分けられ、それぞれに固有の対象と方法をもって発展してきました。

その双方を学ぶことができる本専攻は、教育学専攻心理学コースを前身とした開設当初から、研究能力を持つ心理専門職を社会へと輩出してきました。本専攻では今後もサイエンスとヒューマニズムを統合して人類の福祉に寄与する高度の専門家を養成していきます。

博士前期課程では心理学の研究能力の基礎を養い、将来心理専門職として活躍するための実践的なトレーニングを行います。基礎心理学コースと臨床心理学コースがあり、臨床心理学コースは、(公財)日本臨床心理士資格認定協会の第1種指定大学院となっています。また、公認心理師を養成するためのカリキュラムにも対応しています。

博士後期課程では専攻領域における研究能力を高め、あわせて将来、研究者あるいは指導的心理専門職として自立するための実践的トレーニングを行います。博士論文の審査申請にあたっては、学術雑誌に掲載または受理された複数の研究論文があり、博士論文の構想を構想発表会で発表することが義務づけられています。

上智大学臨床心理相談室

臨床心理学コースでは、「上智大学臨床心理相談室」にて大学院生の訓練が行われます。この施設は学外からの相談を受け入れるとともに、臨床心理学を専攻する大学院生の実習・訓練を行うものです。

  • 臨床心理相談室のオリジナルサイトは こちら

国際化時代の研究を推進

本専攻では大学院生の国内外の学会発表を支援しています。心理学の「基礎」領域と「臨床」領域を専門とする教員がおり、双方を幅広く学ぶことができます。

臨床や研究の現場との密な交流

修了生の多くは公的機関や医療・教育関連機関のカウンセラー、セラピストなど心理臨床職として活躍。修了生の職場で実習を行うなど、大きなヒューマン・ネットワークの中で研鑚を積むことが可能です。

修了生の最近の主な研究テーマ

修士論文

  • 化粧による自己効力感が課題遂行に及ぼす影響 —スピーチ課題を用いた印象評価の検討—
  • 高齢者における世代継承性活動の意義についての検討
  • 持続的な怒りが攻撃的な怒り表出に結び付くことを抑制する要因の検討 —結果予期・自己効力感の関連から—
  • アレキシサイミア傾向と痛みへの選択的注意との関連 —慢性疼痛理解へ向けて—
  • メンタルヘルスに関する認識と対処行動に及ぼす信仰の影響 —日本人無宗教者とインドネシア人ムスリムとの比較を通して—
  • 受け手の視点から見たアイロニーとその効果
  • 「物語への没入」に関する心理的機能 —メンタライゼーションと心的境界の観点から—
  • 三種混合麻酔薬を用いたsingle prolonged stress モデル手続き後の不安様行動における週齢差の検討
  • ニコチン経口摂取および離脱とニコチン嗜好性がラットにおける2 種のうつ様行動に与える影響 —強制水泳試験とスクロース嗜好性試験を用いた検討—
  • 夢の中の自己の在り方と現実でのコーピングスタイル及びアレキシサイミア傾向の関連について
  • 身体障害者への援助行動の生起に影響を及ぼす援助者側の心理的要因
  • ミュージシャンにおける不安・抑うつ対処プロセスについて —ロールシャッハ・テストを用いた検討—
  • ステレオタイプ脅威下における女性のリーダーシップ行動 —ロールモデル呈示による影響の検討—
  • 青年期における拒絶型アタッチメントスタイルの行動パターンについての探索的検討
  • 認知症患者と同居した経験のある孫の心理的負担の検討
  • 両親の夫婦関係および祖父母との関係性が青年期女子の心理的発達に及ぼす影響
  • 認知的方略と多面的空想特徴および精神的健康の関連
  • 児童養護施設職員における対人援助職のジレンマとの向き合い方および個人的達成感の認識—児童との関わりに焦点を当てて—
  • 慢性ストレス状況前に経験する環境エンリッチメントがラットにおけるレジリエンス性の発現に及ぼす影響とその生物学的基盤

博士論文

  • 復職支援の心理療法 —異質性とグループに着目して—
  • なぜ心理療法でメタファーを用いると効果があるのか — 心の「窓」再考—
  • ライフサイクル最終段階としての高齢者 —Rorschach Comprehensive System による健常者研究—