上智大学

学部・大学院 心理学専攻

基礎と臨床を幅広く学べる大学院

人間行動と人間理解についての知識を高め、それによって人類の福祉に貢献しようとする科学が心理学です。この学問は基盤こそ共通していますが、医学でいえば基礎医学にあたる基礎心理学系の諸領域と、臨床医学にあたる臨床心理学系の諸領域に分けられ、それぞれに固有の対象と方法をもって発展してきました。その双方を学ぶことができる本専攻は、教育学専攻心理学コースを前身とした開設当初から、研究能力を持つ心理専門職を社会へと輩出してきました。本専攻では今後もサイエンスとヒューマニズムを統合して人類の福祉に寄与する高度の専門家を養成していきます。博士前期課程では心理学の研究能力の基礎を養い、将来心理専門職として活躍するための実践的なトレーニングを行います。基礎心理学コースと臨床心理学コースがあり、臨床心理学コースは、(公財)日本臨床心理士資格認定協会の第1種指定大学院となっています。このコースでは臨床心理士になるための教育訓練を行います。博士後期課程では専攻領域における研究能力を高め、あわせて将来、研究者あるいは指導的心理専門職として自立するための実践的トレーニングを行います。博士論文の審査申請にあたっては、学術雑誌に掲載または受理された複数の研究論文があり、博士論文の構想を構想発表会で発表することが義務づけられています。

上智大学臨床心理相談室

臨床心理学コースでは大学附属の施設「上智大学臨床心理相談室」にて大学院生の訓練が行われます。この施設は学外からの相談を受け入れるとともに、臨床心理学を専攻する大学院生の実習・訓練を行うものです。

  • 臨床心理相談室のオリジナルサイトは こちら

国際化時代の研究を推進

本専攻では院生の国内外の学会発表を支援しています。心理学の「基礎」領域と「臨床」領域を専門とする教員がおり、双方を幅広く学ぶことができます。

臨床や研究の現場との密な交流

修了生の多くは公的機関や医療・教育関連機関のカウンセラー、セラピストなど心理臨床職として活躍。修了生の職場で実習を行うなど、大きなヒューマン・ネットワークの中で研鑚を積むことが可能です。

修了生の最近の主な研究テーマ

修士論文

  • NPO団体の活動者におけるコミュニティ感覚とワーク・エンゲイジメント
  • 父親は息子との関係を自らの人生にどう位置づけるか─ 中年期後期に焦点をあてて─
  • 道具によって身体近傍空間はどのように拡張するのか
  • がん医療に関わる心理士の死生観とケア観について
  • 母子コミュニケーションと創造性についての研究─ 絵本の読み聞かせを用いて─
  • 小学生における集団宿泊活動の心理的効果
  • 若年勤労者の自律性とワークモチベーション発展プロセス─ 自己決定理論の観点から─
  • 非言語的コミュニケーションにおける集団─ リーダー間の心理力動プロセス─
  • 精神分析的心理療法過程における「行き詰まり」の意味─ 事例のメタ分析を通して─
  • 感謝体験者の返礼行動と感謝表出の生起に恩恵の相対的な大きさが及ぼす影響─ 恩返しと「ありがとう」は他の親切との比較で変わるのか─
  • 妻の感じる夫とのズレと育児肯定感との関連─ 折り合いをつけることのプロセスに着目して─
  • 「食事はひとりで食べたい」及び「ひとりで食べたいときもある」理由と背景について
  • 大学生の友人関係への動機づけに影響する認知された母親の養育態度
  • カザフスタン共和国における中高生のストレス及びコーピングに関する研究─ カザフスタンの青少年自殺問題の観点から─
  • バイセクシュアルの人々における性的指向性の様態に関する一考察
  • 社会的受容の相手と意図性が所属感と抑鬱感情に及ぼす影響コンピュータでも社会的苦痛を緩和できるのか?
  • 大学生の就活における心理的プロセス
  • コラージュ制作の気分変容効果についての検討─ 動画視聴との比較から─

博士論文

  • 空間的注意の制御メカニズム─ シングルトンパラダイムを用いて─
  • 眼球運動を指標とした、選択課題中の顕在的及び潜在的情報処理プロセスの検討─ 視線カスケード現象を中心に─