上智大学

学部・大学院 経営学専攻

経営管理・戦略、会計、マーケティングの
理論と実際について取り組む

経営学専攻では、会計、流通・マーケティング、経営戦略・経営管理の各分野におけるテーマについて、先行研究や関連文献を調査し、必要に応じてマーケット調査やアンケート調査などの社会調査を実施し、参考資料やデータを詳細に分析した知見から、世界の人々の生活向上に役立ち、グローバルな視点での考察を加えて、世界の企業のさらなる繁栄に貢献する独創的、先進的な論文作成を目指します。

博士前期課程では、各学生の研究テーマに応じて個別の履修指導を行います。上智大学の教育理念に基づく「少人数制教育」による双方向的指導を実施し、専門知識だけでなく教員と学生の人間としてのふれあいの中で、個々人の能力と個性に即した成長を目指します。博士後期課程では、経営学の理論と現実への応用との橋渡しをできるような高度な研究能力を涵養することを目指し、指導教員の研究指導に基づき、学位論文に専念します。国内や海外での学会での積極的な発表や論文の投稿を通じて知見を深めていくことが推奨されます。

バランスの取れたカリキュラム

講義内容は、理論構築の基礎となる調査研究方法論(統計や社会調査技法)から、基礎理論、さらに現実の経営現象への応用まで幅広く、基礎と応用のバランスが取れた教育課程を編成しています。

講義形式は多彩

講義形式は、伝統的な文献講読タイプだけでなく、現実の事例に基づく「ケース・ディスカッション」やデータ分析の実習など多様な形式を設け、問題探究力、分析能力、応用・実践能力、そしてコミュニケーション能力を養います。

複数のスタッフによる指導

習得した理論的基礎を現実に応用して、修士論文を作成します。作成プロセスでは、複数の専門スタッフからの学際的・複眼的指導を受けます。

修了生の最近の主な研究テーマ

  • 消費者の自己観がセルフギフト行動への影響について—中国大学生を対象に—
  • 中国市場における原産国効果とブランド効果に関する研究
  • 内集団からの社会的排除がブランド態度に与える影響—消費者の文化的自己観の調整効果について—
  • 商品開発方法の違いによって消費者の認知の違いに関する考察
  • 中国民営企業の変革と海外進出に関する研究—海底撈火鍋を対象とする事例研究
  • 中国第三者モバイル決算業界におけるWe chat pay の競争戦略
  • 台湾光学レンズメーカーの競争戦略—大立光電を事例に—
  • 組織ルーチンの変化メカニズムへの外国人参入の効果—職場における中国人材活用の視点から—
  • 企業結合による「のれん」の減損会計処理と事例分析
  • 固定資産の減損に係る会計基準の適用における利益マネジメントに関する実証研究—日本企業を中心として—
  • 宿泊業における原価計算の実態分析