上智大学

学部・大学院 英語学科

教育ポリシー

実践的な英語力と幅広い教養で 急速にグローバル化が進む世界へと羽ばたく人材となる

本学科が創立以来半世紀以上にわたり、「学生たちに実践的な英語力と幅広い教養を身につけさせ、世界中どのような場所でも活躍できる人材として社会に送り出すこと」を教育上の使命としてきました。時代とともに世界は変わりましたが、その使命は今も変わりません。急速に進展する地球化の流れの中で、卓越した英語力養成と幅広い教養教育という教育の2本の柱を、一層太く強固にしています。特に教養教育については、幅広いだけでなく、より深い専門性をもった人材育成を目指して9つの研究コースを用意しています。この学科で学んだ卒業生たちは多種多様な分野に進み、世界中で活躍しています。

学問の魅力

実践的な英語力の基盤となる英語圏の文化や習慣政治・社会課題への理解を重視

「第一主専攻」では英語4技能を集中的に鍛え上げる「必修科目」や、英語圏の文化や歴史を学ぶ「英語・英語圏研究科目」「英語圏基礎科目」といった授業を展開。専門的・学術的な英語文書を作成できるまでに英語力を高めながら、英語圏の政治・社会課題などにも理解を深め、地域や人々のもつ背景の違いが、コミュニケーションに与える影響なども考察します。
「第二主専攻」では9つの「研究コース」の中から一つを選び、専門的な学習と研究を行います。なお多くの学生が短期留学制度や交換留学制度で海外経験を積みますが、単位認定制度によって、1年間留学しても4年間で卒業することが可能です。

カリキュラム

※科目の詳細については、シラバスをご覧ください

教員・研究分野

職名
氏名
現在の専門分野
教授
飯島 真里子
グローバル・ヒストリー、移民史、日米植民地史、北米地域研究、環太平洋研究
教授
石井 紀子
日米関係史、アメリカ女性史、アメリカ社会史、トランスナショナル・ヒストリー
教授
和泉 伸一
第2言語習得研究、英語教育、フォーカス・オン・フォーム、CLIL
教授
ジョン・ウィリアムズ
映画製作、ヨーロッパ映画
教授 大塚 祐子 理論言語学、統語論、トンガ語、ポリネシア諸語、オーストロネシア諸語
教授
小川 公代
英文学(近代イギリス小説)、映画論
教授 ケネス・オキモト  アメリカン・メディア
教授
小塩 和人
歴史学(環境・公共政策)
教授
北原 真冬
音声学、音韻論、認知科学
教授
坂本 光代
バイリンガル教育、多文化教育、社会文化理論、批判的応用言語学、言語政策
教授 出口 真紀子 文化心理学
教授
東郷 公徳
英文学(シェイクスピア)
教授
リサ・フェアブラザー
異文化間インターアクション、社会言語学
准教授 ローレンス・ウィリアムズ 英文学(18・19 世紀)、紀行文、ポストコロニアル理論
准教授
マーク・カウフマン
文学創作、現代文学
准教授 ロバート・マッキンタイヤー 応用言語学
准教授 ギャビン・フルカワ 社会言語学、談話分析、言語イデオロギー
助教 山中 美潮 アメリカ南部史、アメリカ黒人史、デジタル・ヒストリー
講師※ オードリィ・モレル ヒューマン・アニマル・スタディ、クリティカル・シンキング、カリキュラム開発
講師※ デイヴィッド・ヨアング コミュニカティブ・ランゲージ・ティーチング(CLT)、インクルーシブ教育、障がいと言語学習
講師※ ディロン・ストルウィグ 英文学(ロマン派)、イギリス文化史、哲学

※は嘱託講師