上智大学

学部・大学院 理工学専攻電気・電子工学領域

「新しい世界」をリードする半導体・エネルギー・情報通信

電気・電子工学領域は、半導体・エネルギー・情報通信を専門とし、先進的、学際的かつ国際的な学びと工学的研究により、多様で絶えず変化する社会や生活の基盤を支え、その持続的発展に貢献します。
本領域では、専門知識のみならず、将来の新たな展開にも柔軟に対応できる知的基盤を養うためのカリキュラムと研究指導体制を用意しています。また、東京の中心という地の利を活かして内外の研究機関や企業との連携も活発です。大学院生もこれらの成果を論文や国内外の学会で積極的に発表しています。
博士前期課程では、最先端の専門知識を獲得して新技術の開発に携われる技術者や研究者を育成します。また、後期課程では、グローバルに活躍できる自立的な研究者を育成します。実際に、両課程ともに学生の就職状況は極めて良く、卒業生はあらゆる分野で専門家として活躍しています。

新エネルギーシステム
●超伝導応用
●磁気浮上システム
●自然エネルギー発電

情報通信
●IoT/AIネットワーク
●無線通信システム
●光通信システム
●光計測とセンシング

半導体工学・デバイス
●光・電子集積回路
●ナノ構造デバイス
●無機・有機デバイス
●結晶成長工学

光エレクトロニクス
●半導体レーザ・LED
●ナノコラム
●光制御デバイス
●太陽電池

研究・教育・応用のバランス

研究開発で指導的役割を果たせるように、基礎学力とともに豊かな指導力・創造力を習得することを目指して、研究手法や問題意識を高揚させる研究指導や講義を行っています。海外の大学に滞在しての共同実験や、学内共同研究での他領域との研究など柔軟な参画が可能です。

世界に飛躍する研究活動

大学院生は教授陣の指導のもと先端的研究を推進して、成果を論文・国際会議で発表すべく、頑張っています。学内ハイテクリサーチセンターの利用、企業や研究機関との共同研究、国のプロジェクト研究など、柔軟な研究体制や設備の強化が進んでいます。

自分でデザインする大学院

新技術の開拓など常に変化する当領域では、他分野からの進学も可能です。また、非常に優秀な研究成果を上げた大学院生は早期修了も可能です。自分で海外留学の設定を可能とし、また経済負担の軽減も可能とする環境整備を進めています。

修了生の最近の主な研究テーマ

  • 風力発電を含む系統における電力品質向上のためのエネルギー貯蔵装置の制御手法
  • 超電導発電機の系統導入効果および電気的特性の設計に関する研究
  • 共巻法によるクエンチ検出とイットリウム系コイルのクエンチ保護条件の研究
  • 撚線加工が及ぼすMgB2 超伝導線の臨界電流特性
  • ITER 用CIC 導体のR&W 法適用可能性に関する検討
  • 高温超電導コイルにおける遮蔽電流磁場の観測とクエンチ検出への適用
  • 超伝導加速空洞用磁気シールド内残留磁場の特性評価
  • 高温超伝導コイルを用いた超1 GHz NMR 磁石における高均一磁場の発生
  • 遅延の波及を考慮した列車の省エネルギー運転に関する研究
  • 停電や電力使用制限時における電車運転のレジリエンス向上法
  • ゲート制御可能な電流注入単一光子発生素子の開発
  • 抵抗変化メモリの逓倍器への応用
  • InP 基板上II-VI 族半導体光デバイスの特性向上に向けた検討
  • 水素雰囲気異方性熱エッチング法によるInGaN ナノ構造LED の作製に関する研究
  • Si 基板上 InP 薄膜を用いたGaInAsP レーザ集積化に関する研究
  • InGaN 系発光デバイス高性能化に向けた規則配列ナノコラムによるフリップチップLEDに関する研究
  • BLE を活用した待ち行列におけるリアルタイム協調型待ち時間推定システム
  • 超音波を利用した通信方式の提案と位置推定システムへの応用
  • 多段中継無線ネットワークにおける高信頼性、低消費電力化に向けた研究
  • 広帯域・低消費電力RFIC に向けた高周波回路技術の研究
  • 皮下2 層モデルにおけるレーザードップラー血流計測の検討
  • 近赤外光イメージングにおける逆フィルタ法による表層皮膚血流信号抑圧効果の比較
  • 多段変調法による光信号のボーレート高速化の研究
  • フォトニック結晶を用いた光通信用超小型偏光制御素子の研究