上智大学

学部・大学院 死生学専攻

宗教・宗派の枠を超え、現代の諸問題に実践的・臨床的に取り組む

上智大学にこれまで蓄積されてきた宗教や倫理に関わる学問領域とケア関係の学問領域、および現代世界の諸相や地球的課題に対処する学問領域等を結集、融合し、日本における実践宗教学ならびに死生学の研究教育の中心的拠点を形成するとともに、上智大学の教育精神「Men and Women for Others, with Others(他者のために、他者とともに)」を現代社会に展開すべく、2016年4月に「実践宗教学研究科死生学専攻」(修士課程)を開設しました。実践宗教学研究科は、死生学だけではなく、より広い研究領域を含んでいます。それは、現代社会が抱えるさまざまな課題に対して、宗教文化や倫理思想的伝統を踏まえて対応する学知の領域であるからです。現代社会は、世界を揺るがす国際的な紛争問題に見られるように、多様な宗教文化が対立する問題や、科学技術・政治・経済など、非宗教的な思想と宗教思想との間で軋轢が生じる問題が起こっています。これらの諸問題に対して、諸宗教文化の研究を土台としながら、実践的・臨床的に対応していくのが、実践宗教学の役割です。死生学は、実践宗教学の研究領域中で、最も重要な領域の一つとして位置づけられます。死生学は、神学、宗教学、哲学、比較思想、文学、芸術などの幅広い領域に関わります。加えて、臨床スピリチュアルケアを中心とした実践としての死生学の展開も、実践宗教学的な学知を土台とするのが適切です。これは、欧米において、“Death Studies”が実践神学の分野から宗教・宗派を超えた学知領域へと発展する中で、スピリチュアルケアが形成されたことと関連します。実践宗教学研究科は、日本における実践宗教学や死生学の研究教育の向上を先導することが使命であり、この領域における学術的専門人材と高度の専門性が求められる職業を担う人材をともに育成する日本初の大学院として、重大な役割を担っていきます。

取得可能な資格

スピリチュアルケア師*の受験資格(修了要件単位に含まれる科目の履修で可能) 

*日本スピリチュアルケア学会が認定する資格

研究対象とする中心的な学問分野

高度に発達した科学技術に支えられた現代社会の宗教的・思想的基盤について批判的かつ建設的に研究するとともに、現代社会の新たな課題として取り組みが求められる以下3つの領域を「死生学的課題」と捉え、実践宗教・比較思想研究、応用倫理・価値論研究、省察的ケア実践に関する高度な研究を行います。

死生学的課題
研究対象
1. 宗教の公共性
宗教間対話・宗教協力
価値多元社会における宗教の社会的役割等
2. 死生観・生命倫理
いのち・平和・環境をめぐる価値観
医療現場・先端科学技術の倫理等
3. 臨床スピリチュアルケア
医療・福祉における臨床スピリチュアルケア
いのちの教育
災害・事故・事件・自死に関わるグリーフケア等

修了後の進路、経済社会の人材需要の見通し

本研究科が研究対象とする3つの死生学的課題に照らして考えられる修了後の主な進路は、「研究者としての進学」に加えて以下のようになります。

死生学的課題
養成する人材像
1. 宗教の公共性
宗教の公共的な活動の専門家として、宗教団体・NPO・行政機関等での活動
2. 死生観・生命倫理
生命倫理・死生学専門職として医療・福祉・研究機関等での活動
3. 臨床スピリチュアルケア
「スピリチュアルケア師」資格を有する心のケア専門職、チャプレン、臨床宗教師および地域ケアのコミュニティリーダーとして医療・福祉・地域・行政機関等での活動

働きながら学べる昼夜開講制と長期履修制度

社会人が働きながら学ぶことができるように、昼間および夜間の双方の時間帯にまたがって授業を実施し、必修科目を含めて半数以上の授業科目は夜間開講としています。さらに、2018 年度から長期履修制度を導入します。これは就業している学生の場合、2年間の学費で3 年間在籍し研究できるという制度です。

2018 年度より実践宗教学研究科死生学専攻 博士後期課程の開設します

本学は実践宗教学研究科死生学専攻(博士後期課程)の設置を文部科学省に申請し、この度届出が受理され、2018年4月に開設することになりました。
なお、同専攻の修士課程は2016年4月に設置していますが、博士後期課程設置に伴い、課程の名称が博士前期課程に変更になります。