上智大学

学部・大学院 教育学科

基本情報

教育方針

教育学科では、人間と教育をめぐる諸問題を教育学的観点から総合的・多角的に考究し、人間尊厳の教育を実現する力を養います。そのために、3つの領域(「基礎的領域」「実践的領域」「国際的領域」)を設け、学問的基礎の上に、今日の教育をめぐる実践的、国際的な課題にアプローチできるように教育課程を編成しています。そして、人間の尊厳を基底に置く、人間性と専門性に優れた教員や研究者を養成するとともに、国際社会でも活躍できる自立性と教育学的教養を備えた人材を養成します。

カリキュラムの特徴

1〜2年次では3つの領域の基礎となる科目(教育哲学、外国教育史、日本教育史、教育社会学、学校教育学、生涯教育学、国際教育学、国際教育開発学)を学びます。3年次にはそのうちから関心のある分野の演習をとり、ゼミに所属して専門的な学びを深めます。そして、4年次には自らの問題関心に基づいて調査・研究を行い、卒業論文を作成します。また、上記の科目のほか、教育の思想、教育行政学、各国の教育事情、社会教育計画論、企業内教育論、教育課程論、教育方法学、道徳教育、教育心理学、生涯学習とスポーツなど、数多くの選択科目を用意し、学生の幅広い学びを保証しています。

教員・研究分野

職名
氏名
現在の専門分野
教授
加藤 守通  
教育哲学・西洋教育思想史
教授
髙祖 敏明
日欧間の教育交流史、カトリック学校の歴史などについての研究
教授
小松 太郎
開発途上国や紛争後社会における教育と開発に関する研究
教授
酒井 朗
教育社会学、教育臨床社会学
児童生徒の学校不適応や学校間の連携・接続などについて研究
教授
杉村 美紀
アジアを中心とした人の国際移動と国際教育交流ならびに多文化教育に関する研究
教授
田中 治彦
開発教育、持続可能な開発のための教育、青少年期の社会教育
教授
奈須 正裕
カリキュラム開発と協同的授業づくりの教育方法学的研究
教授
湯川 嘉津美 
日本教育史について研究。主なテーマは教育制度史、幼児教育史