上智大学

学部・大学院 史学専攻

日・東・西の連携に基くトランス・ナショナルな歴史研究へ

日本史学、東洋史学、西洋史学の3つのコースが設置された本専攻では、各コースの密接な交流をはかりながら、国際的に評価される教育者、研究者の養成を目指して専門教育を行っています。その研究・指導の大きな特長は、本学の特色である外国語教育と外国文化・キリスト教文化の理解の上に専門教育を行っていること、歴史学の諸分野の中でも特に総合科学としての政治、社会、文化史の研究に重点を置いていることです。こうした学びを通して本専攻では既成の歴史像にとらわれない、トランス・ナショナルな歴史研究を推進しています。

博士前期課程では、幅広い知識や柔軟な思考力を育むために、コース別科目や全コース共通の科目を設け、レベルの高い修士論文を作成する力を養います。また各分野で活躍する専任教員を配し、研究の状況によって本学の他専攻や附属研究所の教員に指導を要請するなど、充実した研究指導を行っています。博士後期課程では、博士論文演習の科目を設置し、学位取得のために徹底した個人指導を行っています。同時に大学院生の優れた研究成果には、積極的に学術誌への投稿を勧めています。また後期課程の学生は『上智史學』にも投稿できます。

委託聴講生制度

青山学院大学・中央大学・國學院大學・国士舘大学・明治大学・立教大学・専修大学・駒澤大学・東海大学・東洋大学との間に委託聴講生制度を実施しています。学生は希望に応じてこれらの大学の講義を聴講でき、単位を取得可能です。

外国留学でさらに飛躍

東洋史学、西洋史学のコースでは前期課程の大学院生を含め、外国留学・在外研究を行い、さらに深く研究を行うことを奨励しています。

卒業生は第一線で活躍

日本史学、東洋史学、西洋史学のコースで専門性を深めながら、コースの枠を超えた研究活動も活発です。卒業生は内外で高く評価され、高校や大学の教員などとして第一線で活躍しています。

修了生の最近の主な研究テーマ

〈博士前期課程〉

  • 古代ローマ軍における食料供給
  • 教皇アレクサンデル3 世期(1159 —1181)におけるエストニア宣教計画
  • 19・20 世紀転換期における全ドイツ連盟の活動
  • 古代における陰陽師職能の形成と修得
  • 革命前夜の孫文の清に対する認識
  • 満州事変前後における陸軍統制
  • 戦国期室町将軍足利義輝の雲芸和平調停と境目地域
  • A Comparative Study on the Activities of the Jesuits in Japan and Brazil during the Second Half of the X VI Century
  • 後漢の羌対策と東羌の誕生
  • 18 世紀フランスにおける「コレージュ」と学校改革論争

〈博士後期課程〉

  • 宋代地方末端行政についての研究
  • 19/20 世紀転換期ドイツにおけるカトリシズムの労働者統合
  • 中国1949 年革命と中共メディア
  • 清末政治史の再構成
  • 第一次世界大戦期からヴァイマル末期におけるジークフリート・クラカウアーの思想
  • 外交官アレクサンダー・フォン・シーボルトの描いた明治日本

大学院生も発表できる学術雑誌

文学研究科史学専攻では、上智大学史学会が発行する『上智史學』や、学外の学会・研究会誌に、大学院生が積極的に投稿することを推奨しています。また、本専攻の院生は、本学他専攻の院生と共に学内院生研究会のSapientia 会を立ち上げ、自主的に学際的な院生学術誌『紀尾井論叢』を刊行しています。