上智大学

学部・大学院 外国語学部

上智で身につける3言語3視座

#Sophian 外国語学部で学ぶ上智生

国際社会について知識を深めたい。海外の生活や文化に興味がある。将来、国際協力に関わりたいという想いから̶̶。外国語学部で学ぶ学生は、言語だけでなく、さまざまな関心や知的好奇心を学びのきっかけとしています。自分自身の「好き」を起点とすれば、日々の学びはより豊かで楽しいものとなるでしょう。

#Three Languages 専攻語・英語・母語を駆使して世界を読み解く

まずは母語で自らの考えや気持ちをしっかりと表現できることが大切。そのうえで「英語+専攻語」の2言語を学ぶことで、言語運用能力だけでなく、各言語の背景にある、歴史や思想に基づいた多角的な視点を自らのものとします。現場でのコミュニケーションの積み重ねを重視する点も、学部の学びの特徴です。

#Three perspectives 地域と日本と世界をつなぐ3つの視座

異文化に身を置くときに、まず自分の文化に根差したモノサシをもつこと、その上で異文化間の考え方の違いを知ること、そしてグローバルな視点から、それらの相違を理解すること。

この3つの視座を培うことが、世界を理解し、真の意味でのコミュニケーションを実現することにつながるのです。

地域研究を通して立体的な視野を育む「研究コース」

2年次秋学期に、9つの「研究コース」から1つを選択・登録し、自分が関心のある領域について専門的な研究を進めていきます。
 
9つのコース

北米研究コース
ヨーロッパ研究コース
ラテンアメリカ研究コース
ロシア・ユーラシア研究コース
言語研究コース
アジア研究コース※
中東・アフリカ研究コース※
国際政治論研究コース※
市民社会・国際協力論研究コース※

※主に総合グローバル学部の開講科目によって構成。

#Sophia Foreign Studies 上智大学外国語学部で学ぶということ

外国語学部が目指すものは、単に外国語を流暢に話せるスキルの獲得ではありません。国や地域で使われている言語の裏側にある歴史や文化などを広く理解しようと努める姿勢こそが大切です。地域ごとのローカルな事情を理解したうえで、グローバルに行動できる人へと成長する。それが外国学部での学びです。



英語学科

英語力だけでなくそれを活かすスキルを身に付け、世界の人々とコミュニケーションできる能力の育成を図ります

英語学科

ドイツ語学科

ドイツ語圏の言語・地域研究の専門家を養成するだけでなく、異文化理解の方法とグローバルなものの見方を身に付け、日本と世界で活躍できる人材を育てます

ドイツ語学科

フランス語学科

フランス語やフランス語圏の社会などについて、多角的かつ総合的に学習し、世界に通用する外国研究のエキスパートを養成することを目的としています

フランス語学科

イスパニア語学科

イスパニア語が伝える生の声を感じ取る能力を育み、イスパニア語圏の地域研究の専門家として多方面で現地の生の情報を活用できる人材の養成を目指しています

イスパニア語学科

ロシア語学科

ロシアの現実をふまえ、ロシア・ユーラシア地域研究の専門家、特に日本とロシアとの架け橋となる人材の育成、優れた実務家・研究者の養成を目指しています

ロシア語学科

ポルトガル語学科

大航海時代を切り拓いたポルトガル人航海士の精神に通じる「未知なるもの」に挑戦する精神を持ち、幅広い分野で活躍できる人材の育成を目指しています

ポルトガル語学科

研究コース(2014年度以降入学者対象)

体系的な専門研究を通して、課題発見力、問題解決力を養い、世界諸地域への深い理解と複眼的な思考力を獲得します

国際関係副専攻

専門分野制(2013年度以前入学者対象)

専門分野制は、専門的で体系的な学問知識の追求を目的として、2005年度入学以降の全学部生を対象に導入された制度です。

専門分野制

国際関係副専攻(2013年度以前入学者対象)

多様な考えに触れ、複雑な国際社会を理解することが可能となり、さまざまな機関・企業で柔軟かつ国際的な視野の提供を目指す学生にも対応しています

国際関係副専攻

言語学副専攻(2013年度以前入学者対象)

人間のさまざまな精神的・社会的活動を見つめ、自己を客観的にとらえ、論理的思考を用いて言語と人間を考える人材を養成します

言語学副専攻

アジア文化副専攻(2013年度以前入学者対象)

世界規模で生起する事象に深く関与し、特にアジアの人々の暮らしに貢献できる専門家、世界の現実に立ち向かう公共的知識人を養成します

アジア文化副専攻