上智大学

学部・大学院 外国語学部

「ことば」を中心に据えた学問で「知」を切り開く

外国語学部とはFaculty of Foreign Studies、直訳すれば外国研究学部です。実践的な「ことば」のトレーニングによって体得した外国語運用能力を武器に、グローバル社会が求める新しい「知」を切り拓きます。
世界への深い理解を持ち、地域研究で体得した立体的な視野を持つ国際人を養成します。

言語運用能力と専門分野の融合で多角的な研究を行う

単なる「語学」にとどまらず、的確な運用能力を駆使して言語学や地域研究を体系的に学んでいきます。
さらにはグローバルな問題とも関連づけて研究を掘り下げていくこともできます。
そのため外国語学部生は、2年次秋学期末に9 つの「研究コース」から1つを選択・登録し、自分の関心領域に関する専門研究を推進していきます。これを通じて、知識の獲得だけでなく、ものごとから問題を発見する能力、そしてそれを解決する能力を養うことを目指します。

「3言語×3視座」を身に付け、世界規模で人を、地域をつないでいく人物に

複合的なグローバル・コンピテンシー
(グローバル対応能力)の育成

「読む、聞く、書く、話す」の的確な言語運用能力を身につけ、言語圏の文化、政治、経済、国際関係などを踏まえて自分の専攻分野を絞り込んでいきます。3つの視座を得るためには、3 言語の運用能力が不可欠なのです。


英語学科

英語力だけでなくそれを活かすスキルを身に付け、世界の人々とコミュニケーションできる能力の育成を図ります

英語学科

ドイツ語学科

ドイツ語圏の言語・地域研究の専門家を養成するだけでなく、異文化理解の方法とグローバルなものの見方を身に付け、日本と世界で活躍できる人材を育てます

ドイツ語学科

フランス語学科

フランス語やフランス語圏の社会などについて、多角的かつ総合的に学習し、世界に通用する外国研究のエキスパートを養成することを目的としています

フランス語学科

イスパニア語学科

イスパニア語が伝える生の声を感じ取る能力を育み、イスパニア語圏の地域研究の専門家として多方面で現地の生の情報を活用できる人材の養成を目指しています

イスパニア語学科

ロシア語学科

ロシアの現実をふまえ、ロシア・ユーラシア地域研究の専門家、特に日本とロシアとの架け橋となる人材の育成、優れた実務家・研究者の養成を目指しています

ロシア語学科

ポルトガル語学科

大航海時代を切り拓いたポルトガル人航海士の精神に通じる「未知なるもの」に挑戦する精神を持ち、幅広い分野で活躍できる人材の育成を目指しています

ポルトガル語学科

研究コース(2014年度以降入学者対象)

体系的な専門研究を通して、課題発見力、問題解決力を養い、世界諸地域への深い理解と複眼的な思考力を獲得します

国際関係副専攻

専門分野制(2013年度以前入学者対象)

専門分野制は、専門的で体系的な学問知識の追求を目的として、2005年度入学以降の全学部生を対象に導入された制度です。

専門分野制

国際関係副専攻(2013年度以前入学者対象)

多様な考えに触れ、複雑な国際社会を理解することが可能となり、さまざまな機関・企業で柔軟かつ国際的な視野の提供を目指す学生にも対応しています

国際関係副専攻

言語学副専攻(2013年度以前入学者対象)

人間のさまざまな精神的・社会的活動を見つめ、自己を客観的にとらえ、論理的思考を用いて言語と人間を考える人材を養成します

言語学副専攻

アジア文化副専攻(2013年度以前入学者対象)

世界規模で生起する事象に深く関与し、特にアジアの人々の暮らしに貢献できる専門家、世界の現実に立ち向かう公共的知識人を養成します

アジア文化副専攻