上智大学

学部・大学院 文学研究科

文学研究科

幅広い教養と柔軟な思考力をもち、世界と未来に開かれた新しい知を創造する力を伸ばします。文化総体の研究、現代社会との連結、語学能力に重点を置いた実践教育を行い、社会・文化の発展に貢献しうる人材を養成します。

前期課程では、研究者の養成を目指すとともに、高度な専門知識によって職業的能力を向上させます。後期課程では、国際的な水準で広く活躍し、将来、各々の分野で研究・教育に携わる人材の育成を期します。


哲学専攻

西洋思想全般の伝統を哲学的に研究します


史学専攻

日本史学、東洋史学、西洋史学の3つのコースが設置され、コースの枠を超えた研究活動も行っています


国文学専攻

国文学(古典文学・近代文学)、国語学、漢文学の研究を行っています


英米文学専攻

英米の文学を『西欧文明』という大きな実態の一環をなす営みとして、研究することを目指しています


ドイツ文学専攻

ドイツ語圏の文学を、ヨーロッパの歴史的・文化的な文脈の中で理解し、流動化する現代で生きぬく指針を見出すことを理念としています


フランス文学専攻

フランス文学・フランス文化・フランス語について、高度な教養が備わるカリキュラムを設置しています


新聞学専攻

マス・コミュニケーション理論、ジャーナリズム論、メディア分析を中心に据えたカリキュラムを設置しています


文化交渉学専攻

さまざまな文化間の交渉の姿を跡づけ、これを通じて東西世界で新たな文化が生み出されていく過程を詳しく研究することを目的としている