上智大学

学部・大学院 看護学専攻

看護実践に貢献できる研究を行うための基礎力を培う

看護学専攻では、人間の尊厳を基盤としたケアリングをディシプリンとして捉えるとともに、実践に生かせる研究力ならびに指導力を兼ね備えた人材育成を目指します。本専攻では、患者とその家族や地域との「共生」関係を側面から「支援」するという意味で「共生支援」を捉えています。各専門領域においては、この「共生支援」というキーワードに基づいて、より良質のケアリングに係る発展的かつ実践的な研究を行います。

また、特色ある研究分野と看護の教育・研究・臨床から得た知見を地域・国際社会に還元し、社会に貢献できる人材を養成します。本学と研究科の教育目標である「他者のために、他者とともに」「人間の尊厳」という精神と高い専門性を活かせるような進路選択を支援します。たとえば、臨床に携わる者は、病院や福祉センターなどの医療保健・看護系機関等での活躍が、また、研究および政策マネジメント等に関わる者は、制度・政策ならびに教育機関や諸研究所での活躍が期待されています。さらに、社会のニーズに応答するための新しい活動分野を開くなど、発展的な活躍も期待されています。

キーワードは「共生」と「支援」

さまざまな個性がともに幸せに生きることの「共生」、自律・自立へ向けた「支援」をキーワードとし、「他者のために、他者とともに」「人間の尊厳」という精神と深い専門性を活かせるような人材を養成します。

フィールドワークを重視した実践的指導

本専攻では実践力ならびに研究に必要なセンスを磨くための教育方法として、フィールドワークを重視しています。

働きながら学べる昼夜開講制(長期履修制度)

ほとんどの科目が午後5時以降の開講(一部は午後3時15分開講)。現在看護の臨床で働いている方などが学びやすい環境で学業を両立できるように長期履修制度を実施しています。