上智大学

学部・大学院 看護学専攻

原点に立ち返り 自分を知る、他者を知る、看護を追究する

看護学専攻では、人間の尊厳を基盤としたケアリングをディシプリンとして捉えるとともに、実践に活かせる研究力ならびに指導力を兼ね備えた人材育成を目指します。本専攻では、患者とその家族や地域との「共生」関係を側面から「支援」するという意味で「共生支援」を捉えています。各専門領域においては、この「共生支援」というキーワードに基づいて、より良質のケアリングに係る発展的かつ実践的な研究を行います。
また、他分野の知識と看護の教育・研究・臨床から得た知見を融合させ、それを地域・国際社会に還元し、社会に貢献できる人材を養成します。これまでの経験を振り返ることで「実践知」をつくり出すとともに、他の学問領域の知識や理論を看護学に適用することを検討します。それらを学んだ後、臨床に携わる者は、病院や福祉センターなどの医療保健・看護系機関等での活躍が、また、研究および政策マネジメント等に関わる者は、制度・政策ならびに教育機関や諸研究所での活躍が期待されています。さらに、社会のニーズに応答するための新しい活動分野を開くなど、発展的な活躍も期待されています。

キーワードは「共生」と「支援」

さまざまな個性がともに幸せに生きることの「共生」、自律・自立へ向けた「支援」をキーワードとし、「他者のために、他者とともに」「人間の尊厳」という精神と深い専門性を活かせるような人材を養成します。

フィールドワークを重視した実践的指導

本専攻では実践力ならびに研究に必要なセンスを磨くための教育方法として、フィールドワークを重視しています。

働きながら学べる昼夜開講制(長期履修制度)

2019年度からほとんどの科目を午後5時20分以降に開講(一部は午後3時25分開講)。現在看護の臨床で働いている方などが学びやすい環境で学業を両立できるように長期履修制度を実施しています。

修了生の最近の主な研究テーマ

  • ドナー家族の脳死下臓器提供プロセスにおける体験と心理的軌跡
  • 市町村に就業する新人保健師の地区における活動での体験の積み重ねの描写
  • 大学生の避妊に関する知識、性教育受講状況と性行動の実地調査
  • フィリピンろう者の健康観と健康保持・増進のための対処行動
  • 一般病棟看護師による生活習慣病をもつ精神疾患患者への看護介入とそのプロセスにおける困難への対応
  • 産褥早期の腰部さらし着用の有無による骨盤周囲径の変化および腰痛と日常生活の状況に関する研究
  • 母親のマラリアに対する知識と予防対策
  • 海外で支援する日本の災害看護の効果的な準備
  • 外来化学療法を行う独居高齢がん患者の療養生活における思い・困難と治療を継続する要因
  • 口唇口蓋裂児をもつ母親の思い
  • 看護師が終末期と捉えた根拠とその後の関わり
  • 下肢悪性骨軟部腫瘍手術後患者の自己効力感と影響要因に関する縦断的研究
  • 救命科看護師の患者の事前指示に対する認識と対応およびそれらに影響する要因の検討
  • 中国人留学生の健康支援のあり方の検討
  • 脳卒中患者の家族が在宅介護を選択するまでの意思決定過程
  • 山谷地域の高齢者への訪問看護を探る
  • エンパワメント構造が中堅看護師のキャリアデザインを介して精神的エンパワメントに及ぼす影響
  • 乳がん患者のがん罹患の意味づけ方法による心的外傷後成長への影響