上智大学

学部・大学院 社会学専攻

現代社会の重要課題に
実証的に挑戦する研究拠点

社会学専攻には、家族・ライフコースの社会学、経済社会学、地域社会学、グローバリゼーションの社会学、ライフスタイル論、ジェンダー・セクシュアリティ研究、宗教社会学、政治社会学、労働社会学、社会的不平等の社会学など、幅広い専門領域を持つ研究者が所属しており、それぞれ現代社会の重要な側面を取り扱うバラエティー豊かな専門科目が開講されています。

これらの科目を組み合わせて学ぶことで、現代世界とその中の日本社会が直面する、グローバル化、情報化、格差社会化、少子高齢化、地球環境の悪化などの変化に付随して生じる社会問題の根源的なメカニズムを理解し、冷静な分析力と機敏な対応力を兼ね備えた人材の育成を本専攻は目指しています。

具体的には、博士前期課程では、将来の活動に備えて社会学の基礎的な力を養うことに重点を置いています。そのため、1年次において、社会学理論とデータ収集分析に関する科目を必修としており、先人の残した知識と現実を理解するとともに調査を実行し収集したデータを解析するために必要な能力を身につけます。続く2年次では、各自が設定したテーマに沿って修士論文を執筆する機会が与えられ、教員の指導を受けながら、既に習得した知識と能力を駆使して実際に研究が実行されます。

また、博士後期課程では、各自のテーマに沿って、博士論文の執筆、学際的研究の推進、関係学会における研究発表、学術雑誌や紀要への論文投稿に関する個人指導が行われます。このことを通じて、研究者として独立するために必要な専門的知識・能力の養成と資格・実績の獲得を目指しています。

幅広い交換科目

大学内における他研究科・他専攻(社会福祉学、教育学、心理学、法学、経済学、国際関係論など)が開講している科目も受講できます。

バラエティーに富んだ人材

本専攻に在籍する大学院生は、他大学や他学部の出身者など、出身がバラエティーに富んでいるという特徴があります。

研究者から企業人まで多彩

博士後期課程の修了者の多くは研究者として活躍していますが、最近は、シンクタンク、出版社などに就職する者も少なくありません。本専攻修了者は広く社会で活躍するケースが目立ちます。

修了生の最近の主な研究テーマ

  • アート・クリエーションが生成され発展するプロセス
  • 台湾におけるインドネシア人家庭内介護労働者
  • インターネットオークションにおける信頼と情報の評価
  • 中国における「ヴィジュアル系」ファンのコミュニティ特権— トランスナショナルカルチャーのファン文化について —
  • アウシュヴィッツの解消しきれぬ二つの残余
  • 政党活動参加者の社会学的分析 — 政治的社会化と転機の検討を通じて
  • シンガポールの観光政策
  • 子育て世帯夫婦における母親の就業と父親の家事・育児参加
  • 日韓女子大学生の政治意識と政治参加
  • 報道被害問題の要因と解決策
  • 中国の近代化の発展と宗教世俗化
  • 観光地化の主体と媒体
  • 選択的夫婦別姓制度を支える言説構造 — 賛成意見の計量的、質的分析 —
  • 働く高学歴20代未婚女性のライフコース選択
  • 中国における自発的無子に関するスティグマ研究 —当事者たちのライフストーリーに注目して
  • なぜ自衛官になることを選んだのか
  • セキュリティタウンの物的/社会的基盤
  • 北方領土の返還運動
  • 東京におけるニューカマー 中国人起業家

大学院生も発表できる学術雑誌

社会学専攻では年1 回『社会学論集』を発行しています。他に発表されたことのないものに限り、社会学専攻に在籍する大学院生も原稿を寄稿することができます。