上智大学

学部・大学院 理工学部

上智で培う 専門性と複合知

#Sophian 理工学部で学ぶ上智生

科学的な思考を大切に、目の前の課題と向き合う。自分とは異なる意見にも、耳を傾けて真摯に向き合う。理工学部ではそんな誠実な姿勢をもった学生が多く学んでいます。理学・工学の知識を得るだけでなく、多様な人と考え方に触れることで、自らの視野を大きく広げ、将来の可能性を見出せる環境です。

#Self-Discovery 専門をみつけて磨く

物質生命理工学科、機能創造理工学科、情報理工学科の3学科では、複合的な領域をカバーする横断的かつ専門的な学びを展開。確かな基礎を身につけた後、一人ひとりが目指す専門性を見つけ、深めることができます。各分野のスペシャリストが集う教員陣が、あなたの意欲を強く後押しする存在となるはずです。

#One campus 確かな教養を基盤とする複合知

ひとつの専門分野における知識・視座だけでは、研究の広がりが制限されてしまうもの。その点において、文系・理系の学生が同じキャンパスで学ぶ上智大学では、人文科学や社会科学を含む、幅広い見識を培うことができます。日々の授業やサークル等の交流を通して、自然と幅広く学際的な素養が身につくでしょう。

#Global 多様な環境で国際通用性を身につける

国際的な学術雑誌の講読や国際学会での発表など、研究活動を進めるうえでは、語学力や国際感覚が想像以上に重要な鍵となります。理工学部には海外留学生が多く学ぶ英語コースがあり、一緒に実習・研究を行うことも少なくありません。充実した語学教育や留学支援体制とともに、多様性にあふれる環境が、あなたの国際通用性を高めます。

#Sophia Science and Technology 上智大学理工学部で学ぶということ

新たな発見と創造を繰り返すことで、科学技術は進化を遂げてきました。大学の学びの中でも、先人の成果を引き継ぎ、次の挑戦へとつなげる意識が大切です。一方で科学技術は、使い方次第で社会の混乱や環境破壊を招く恐れがあるもの。他者を想い、他者とともに歩むという意識も、研究に不可欠な素養となります。



物質生命理工学科

物質の基礎を理解し、新たな物質の創成・技術開発を通して自然と融和した新しい物質観と生命観を身に付け、人間と社会に貢献できる人材の育成を目指します

物質生命理工学科

機能創造理工学科

産業技術と自然科学との調和ある発展を推進できる創造性豊かな専門家を育成することが大きな目標です

機能創造理工学科

情報理工学科

“情報”を通して人間と社会を深く理解する創造力豊かな人材、人間や社会が有する知識、知恵、経験を蓄積できる人材を養成します

情報理工学科