上智大学

学部・大学院 理工学部

広範な学問領域の融合の中から新時代の価値を創出する

人と地球のための新時代の理工学部。現代社会の複雑な課題を解決へ導く

理工融合と文理融合で
多様化する社会に適応

本学部の教育・研究システムは、理学と工学を一体化して学ぶ「理工融合型」であると同時に、文系学部と同じキャンパスで人間・環境支援の基礎教育を学べる「文理融合型」の側面ももっています。理系・文系の枠を越えて自在に思考することによって、多様化する現代社会が問いかける複雑な課題の解決を図る力を育みます。

柔軟な教育・研究環境で、
他分野と連携できる
「複合知」を備えた人材を育成

3学科の科目は相互に履修可能です。自身の基盤となる理工学分野について確固たる専門性をもちながら、多様な分野を客観的に見つめ、文系も含めた関連分野を連携させていける幅広い教養=「複合知」を身につけます。

伝統的学問体系と上智大学理工学部の学科編成

科学技術の急速な発展、社会の多様化に適応する力を育むためには、知識の伝授だけではなく、創造性を開発する教育が必要です。本学部では、機械工学、電気・電子工学、数学、物理、化学などの伝統的知識体系を活かしつつ、関連する学問領域を融合的に学ぶ3学科を設置。幅広い見識を備えた人材を育成します。また国際競争力のある科学者養成のため、英語教育にも力を入れています。

少人数教育体制
少人数教育を徹底し、学生一人ひとりを親身にサポートします。例えば、履修科目の選択やどの専門分野を選ぶかという進路決定なども、教員と1対1で相談しながら行います。

基礎教育の徹底
1・2年次の必修科目は3学科共通で、1年次はクラス分けを行い、きめ細やかな指導を行います。また、教員とのコミュニケーションを重視し、実験や演習も充実させています。

科学技術英語教育
海外の文献講読や国際的な場で研究発表を行う際に求められる科学技術英語力を養成。語彙の習得をはじめ、英語による情報発信、発表、質疑応答、論文の書き方などを指導します。


物質生命理工学科

物質の基礎を理解し、新たな物質の創成・技術開発を通して自然と融和した新しい物質観と生命観を身に付け、人間と社会に貢献できる人材の育成を目指します

物質生命理工学科

機能創造理工学科

産業技術と自然科学との調和ある発展を推進できる創造性豊かな専門家を育成することが大きな目標です

機能創造理工学科

情報理工学科

“情報”を通して人間と社会を深く理解する創造力豊かな人材、人間や社会が有する知識、知恵、経験を蓄積できる人材を養成します

情報理工学科