上智大学

学部・大学院 法律学科

法律を学び、法と社会の関連を追究することで法的思考に基づく問題解決能力を身につける

教育方針

法律学の基本的な考え方を養うとともに、たとえば脳死臓器移植や夫婦別姓といった今日的な法律問題に対して、対立する利益や主張を十分に理解し、理性的に解決していくための能力を身につけます。条文を暗記するだけの学習ではなく、法的思考に基づく問題解決能力を重視し、紛争の背後にある経済環境や社会意識にも踏み込んで検討し、法理論の意義や限界について考えます。人々の価値観が多様化し、生活・労働環境が大きく変容している現代社会では、経済や情報のグローバル化や環境問題の深刻化に伴い、今やあらゆる事象が地球規模で起こっています。そんな中で強く求められているのが、法律学特有の利益調整方法や問題の発見方法です。本学科ではそうした状況を踏まえ、法律知識だけでなく社会的な調整能力を備えた人材を育成します。

カリキュラムの特徴

法律の基本である「憲法」「民法」「刑法」に加え、政治・国際関係、環境問題の関連科目が充実しています。1年次は基本的人権を中心とした「憲法」、市民生活に関わる「民法」などを学習。2年次は統治機構を学ぶ「憲法」、「債権法」「刑法」などの必修科目と履修モデル案に沿って学びます。3年次はさまざまな選択科目を履修し、4年次の「演習」で、それまでに培った知識を駆使して研究、発表、討論の力を磨きます。

教員・研究分野

職名
氏名
現在の専門分野
教授
安西 明子
民事訴訟法
教授
伊藤 雄司
商法・会社法
教授
伊藤 渉
刑法
教授
梅村 悠
商法・企業環境法
教授 大橋 真由美 行政法
教授
奥田 純一郎
法哲学、生命倫理と法
教授 照沼 亮介 刑法
教授
富永 晃一
労働法
教授 原 強 民事手続法
教授 溝渕 将章 民法
教授
矢島 基美
憲法
准教授
大塚 智見
民法