上智大学

学部・大学院 ロシア語学科

日本とロシアの“架け橋”となるにふさわしい幅広い知識と確かな語学力を習得する

教育方針

ロシア語の運用能力習得と、ロシアをはじめ旧ソ連邦のバルト諸国、ウクライナ、中央アジア諸国、南コーカサス諸国など15の独立国の地域研究を目的としています。ソ連邦崩壊後の混乱から立ち直り、新生国家として新しい世界秩序の中に位置づけられるにいたったロシアの現実に精通し、ロシアの人々の文化や精神性を理解し、特に、日本とロシア、世界との関係を自ら積極的に構築できる人材を育成し、優れた実務家、ロシア・ユーラシア地域研究の専門家を輩出することを目指しています。

カリキュラムの特徴

1~2年次の「基礎ロシア語」は週6コマ600分の授業からなり、2年間でロシア語の基礎を徹底して学びます。3~4年次には中~上級の「ロシア語研究科目」を学び、高度なコミュニケーション能力を身につけます。また1年次には、ロシア・ユーラシアの政治、経済、文化、芸術などをテーマにした「ロシア語圏基礎科目」を履修し、その後、9つの研究コースから1つを選んで、専門研究を行います。

教員・研究分野

職名
氏名
現在の専門分野
教授
安達 祐子
現代ロシア企業の発展過程、ロシアにおける政治とビジネスの関係を分析
教授
村田 真一 
ロシア演劇とロシア文化に関して、国内外の多数機関と共同で研究
教授 湯浅 剛 ポスト・ソ連空間の安全保障、政治変動、地域機構について研究
准教授 秋山 真一 ロシア語の統語論・コロケーション・教育用の発音表記などを研究
准教授 ヴァルヴァラ・ムヒナ ロシアの移民受け入れ問題とロシア語圏から日本への移住者の研究
准教授
スヴェトラーナ・ラティシェヴァ 
翻訳、日露文化比較研究が専門。作文による研究・教育活動を実践
助教 阿出川 修嘉 ロシア語アスペクト論・言語学および隣接領域としての文学テキスト研究
助教 佐山 豪太 ロシア語教育、語彙学習法、コーパス言語学を研究