上智大学

学部・大学院 フランス文学専攻

教員と院生が協同してつくる、アットホームで真摯な学びの場

本専攻では、大学院を「教員と院生の学びの共同体」ととらえています。その土台にあるのは、寛容であると共に批判を尊ぶキリスト教ヒューマニズムです。学部においてフランス文学、フランス文化、フランス語に深い興味をもった学生が、自分の興味をさらに専門的に掘り下げられるようなカリキュラムを用意するとともに、研究者や教育者を志す人には、より深く研鑚を積み、その目標が実現できるように指導を行っています。また、研究をよりいっそう深めるためにも、より高度なフランス語の運用能力を身に付けるためにも、在学中の留学を奨励しており、本学の交換留学生、国際ロータリー財団奨学生、フランス政府給費留学生などの各種試験への受験指導や留学先での指導教授の紹介なども実施しています。

博士前期課程では、複合的な解読と研究の方法を学んで知識を広げるため、一定数の授業を受講しながら、指導教員と連絡を密に保ち、修士論文を作成します。博士後期課程では毎年1篇の小論文を提出することを義務付けるとともに、博士論文の執筆の指導もきめ細やかに行っています。

高い評価を得て企業に就職

本専攻の前期課程を修了して修士号を取得した者の中には、その語学力と教養を高く評価され、国際的な性格を持つ一般企業に就職するケースも少なくありません。

フランスで博士号を取得

後期課程の修了者は、主に大学・高校の教育の場で活躍。難関とされるフランス政府給費留学試験に合格し、フランスで博士号を取得する者や、その研究業績が内外の学会で注目されている者も多数います。

実践で養う確かな実力

幅広い教養と柔軟な思考力を持ち、世界と未来に開かれた新しい知を創造する力を伸ばすために、古典文学の再読、文化の総体の探究、現代社会との連結、語学能力の向上に重点を置いた実践教育を実施しています。

修了生の最近の主な研究テーマ

  • フローベール作品における子供像
  • モーパッサンの幻想小説における独自性
  • 『グラン・モーヌ』─ 醒めた幻想と冒険の小説─
  • マルローの小説および芸術論における自然へのまなざし

大学院生も発表できる学術雑誌

本専攻の大学院生は、専攻教員および修了生と共に「上智大学フランス語フランス文学会」を組織しています。毎年秋に開かれる例会は、若手研究者、院生の研究発表に加えて、ゲストの講演、シンポジウムなど多彩なプログラムの下、学会員の研鑽・交流の場となっています。また、学会の機関誌〈Les lettres françaises〉が年1回刊行されています。若手研究者に貴重な研究発表の機会を与えるこの雑誌には、院生の寄稿も推奨されています。