上智大学

ニュース 国際協力機構(JICA)が発行する「JICA新型コロナ対応ソーシャルボンド」へ投資しました

上智学院が独立行政法人国際協力機構(JICA)が発行する「JICA新型コロナ対応ソーシャルボンド」へ投資しました

学校法人上智学院は、独立行政法人国際協力機構(以下「JICA」)が発行する「JICA新型コロナ対応ソーシャルボンド」(社会貢献債以下「本債券」)へ投資しました。

JICAは、開発途上地域等の経済・社会の開発、日本および国際経済社会の健全な発展のために、日本の政府開発援助(ODA)の一元的な実施機関として、開発途上国に対する協力を行っています。とりわけ、新型コロナウイルスの感染拡大が開発途上国にもたらした健康危機や経済的影響からの早期回復を支援し、パンデミックを経て一層浮き彫りとなった開発途上国の脆弱な保健医療システムや公衆衛生環境の改善支援を強化に取り組んでいます。

本債券により調達された資金は、JICAが開発途上地域等で実施する有償資金協力事業のうち、①新型コロナウイルスを含む感染症対策支援(保健医療システム整備、水・公衆衛生環境改善)、②新型コロナウイルスによる経済影響緩和支援(開発途上国の中小企業等に対する金融支援)に該当する事業に充当されます。

本債券への投資は、国連の定める持続可能な開発目標(SDGs)の「目標3:すべての人に健康と福祉を」、「目標6:安全な水とトイレを世界中に」や、「目標1:貧困をなくそう」、「目標8:働きがいも経済成長も」の達成に資するものです。

ソーシャルボンドとは、社会貢献債とも呼ばれ、調達された資金が社会課題の解決に貢献する事業に充当される債券です。JICAが発行する債券(JICA債)は、ICMA(International Capital Market Association/国際資本市場協会)が定義するソーシャルボンド原則に適合する旨、株式会社日本総合研究所からセカンド・オピニオンを取得しております。また、JICAが発行する債券は、日本政府の「持続可能な開発目標(SDGs)実施指針改定版」及び「SDGsアクションプラン2020」において、SDGsを達成するための具体的施策のひとつとしても位置付けられています。

上智学院は、本債券をはじめとしたSDGs債への投資を実施することによって、持続可能な社会の実現に貢献で きるよう取り組みを推進して参ります。

<本債券の概要>
 発行体:  第58回独立行政法人国際協力機構(R&I格付け:AA+、S&P格付:A+)
 年限:  20年(2040年12月20日償還)
 発行総額:  50億円

  • 上智学院の責任投資の取組みはこちら

 
【お問い合わせ】
 上智学院 財務局資金グループ(Phone: 03-3238-3178)