上智大学

ニュース 受賞

理工学部物質生命理工学科 特別研究員PDのMaria Antonietta CasulliさんがThe Best Short Communication Awardを受賞

Maria Antonietta Casulliさん
Maria Antonietta Casulliさん

理工学部物質生命理工学科 特別研究員PDのMaria Antonietta Casulliさんが、20th International Cyclodextrin Symposiumにて、The Best Short Communication Awardを受賞しました。

この賞は、若手研究者によるショートプレゼンテーションの口頭発表の中から、優秀な発表者1名に贈られる賞です。

学会名:20th International Cyclodextrin Symposium

受賞者:Maria Antonietta Casulli(理工学部物質生命理工学科 特別研究員PD)

賞 名:The Best Short Communication Award

指導教員:早下 隆士教授

受賞日:2022年6月16日

James Fraser Stoddart先生と一緒に

受賞コメント:
Receiving this award was something totally unexpected for me.
This was a conference of a very high level, with even the presence of the Nobel Prize Winner 2016 for Chemistry, James Fraser Stoddart. What I felt receiving this Award is a sense of responsibility as a “bridge” between the European and the Asian Research. Actually our cultures may influence even our way in conducting a scientific research. What I did is simply “translating” what we do in Japan, in words easily comprehensible by Europeans so that they understood the value of our research and appreciated it so much.
I think that this could be the beginning of many interesting collaborations.(原文)

本会議は2016年のノーベル化学賞受賞者であるJames Fraser Stoddart先生も出席されるなど、
非常にレベルの高い会議であったので、私にとって今回の受賞は全く予想外のことでした。
この賞をいただいて感じたのは、ヨーロッパとアジアの研究の「架け橋」としての責任感です。
日本で行っている研究をヨーロッパ圏の人たちにわかりやすい言葉で「伝える」ことで、
私たちの研究の価値を理解して頂くことができ、高い評価に繋がったと感じました。(要約)