上智大学

学部・大学院 イスパニア語学科

広大にして多彩なイスパニア語圏を「ことばと地域研究」の両面からとらえる

教育方針

イスパニア語を公用語とする地域は、ヨーロッパ(スペイン)、南北アメリカ大陸(メキシコほか16カ国)、カリブ海地域(キューバ、ドミニカ共和国、プエルトリコ米自治領)、そしてアフリカ(赤道ギニア)というように世界的な広がりを見せています。さらに、国際連合の公用語の一つに数えられているほか、アメリカ合衆国においても、ヒスパニック人口が急増した結果、イスパニア語とその話者の存在感は大変大きくなっています。本学科では、イスパニア語およびイスパニア語圏についての専門的知見と高い異文化コミュニケーション能力を兼ね備え、世界を複眼的かつ相対的にとらえることのできる人物を育成することを目指しています。

カリキュラムの特徴

「第一主専攻」の「専攻語科目」と「イスパニア語圏基礎科目」でイスパニア語の4技能(読む、聞く、書く、話す)を段階的に積み重ねると同時に、イスパニア語圏に関する基礎知識を学びます。「第二主専攻」では各人が関心のある「研究コース」を選択し、開設科目群を履修することで、ある地域や学問分野についての系統的な学習と研究を行います。最終学年ではこれらの成果を卒業論文にまとめます。

教員・研究分野

イスパニア語学科の教員情報はこちら

職名 氏名 現在の専門分野
教授 長谷川 ニナ 日本とラテンアメリカにおける文化的価値観の比較研究
教授 幡谷 則子 ラテンアメリカの現代社会-都市と農村の民衆組織と社会運動-
教授 松原 典子 スペイン近世美術史、特に16 、17 世紀の絵画、彫刻、美術理論
教授 西村 君代 スペイン語形態論、スペイン語文法記述
教授 谷 洋之 ラテンアメリカ経済論、メキシコ地域研究
教授  吉川 恵美子 イスパノアメリカにおける民衆演劇の形成と展開
准教授 アインゲル・アロツ 社会言語学、言語学史
准教授 内村 俊太 スペイン近世史、16世紀における歴史編纂