上智大学

学部・大学院 ドイツ文学専攻

《ドイツ》に学び、未来をひらく

ドイツ文学専攻では、ドイツ語圏の文学がもつ豊かな思想性·内面性を、ヨーロッパ文化史という広範なコンテキストにおいて探求することをカリキュラムの根幹としています。複雑な歴史を背景として今日まで展開してきた《ドイツ》を識ることは、混迷する現代社会を生き、また未来への指針を見出すために必須の、自由かつ強靱な「知性」の獲得につながるでしょう。

博士前期課程は、研究活動の基本要件である高度なドイツ語能力、多面的かつ専門的な知識と学問的方法論の修得、その成果としての修士論文の執筆を目的としています。前期課程の大学院生は、指導教員と協議のうえで研究テーマを定め、演習科目や研究発表会を通じて、他の教員や学生たちと意見交換を行いながら、修士論文の完成を目指します。

私たちは研究の多様性を重視し、さまざまなバックグラウンドをもった学生を積極的に受け入れています。本学ドイツ文学専攻は、「学び」を深めたい学部からの進学生、他大学他専攻の出身者、社会で経験を積まれた方々、そして教員が、《ドイツ》を共通項として、語り合い学び合う「ゲマインデ」(共同体)なのです。

本専攻所属の大学院生は学術誌『STUFE』を自主的に編集·刊行しています。『STUFE』には、博士前期課程の学生でも、在学初年度に卒業論文を短くまとめたもの、あるいは修士論文に向けた研究を公刊することができます。そして後期課程の学生は、修士論文に基づく論文を皮切りに、その時々の研究成果を掲載することで、各方面からの批評や助言を受ける機会を得ています。

後期課程に進んだ学生は、同誌以外の各種学会誌に積極的に寄稿し、また学会等で研究発表を行うなど、学外にもネットワークを広げていきます。切磋琢磨を重ねながら、研究者として自立するために必要な力を涵養します。最終的には、本専攻の全教員の支援のもと、課程博士論文(後期課程修了後3年以内に提出)を完成させ、文学博士号を取得することを目標とします。

ドイツ語圏への留学

博士前期課·後期程在学中に本学の交換留学制度を利用したり、外部の公的な奨学金を得るなどして留学する大学院生も多く、ドイツ語圏の最新の情勢や学問の動向を吸収し、ドイツ語力にも磨きをかけています。ワイマール古典主義財団の 奨学金でワイマールに2カ月間研究滞在できる制度もあります。

多分野での活躍の可能性

近年は博士前期課程を修了した後、就職する人が大部分ですが、本専攻で得た学識を活かし、公務員、教員、ドイツ企業、病院、出版社、民間の研究機関などさまざまな分野で活躍しています。また博士後期課程の修了者の多くは、ドイツ文学や語学等、専門領域での研究· 教育に従事しています。

修了生の最近の主な研究テーマ

  • ワーグナー『ニーベルングの指輪』における神々と<愛の欠如>の関係
  • E.T.A.ホフマンの作品における芸術家像
  • 『 オルフォイスに寄せるソネット』における<境界>の表出について
  • エリアス・カネッティの講演「ヘルマン・ブロッホ」と呼吸の詩学
  • ファウスト・モチーフの映画への受容
  • グスタフ・マーラーと『少年の魔法の角笛』
  • シーボルトの日本人像

大学院生のための学術誌『STUFE』

大学院STUFE 刊行委員会編『STUF』は、研究者デビューの場として、およそ40 年にわたり、歴代の大学院生たちによって受け継がれてきました。


ドイツ文学専攻 WEBサイトはこちら(ドイツ文学科 WEBサイト内)