上智大学

学部・大学院 ドイツ文学専攻

ドイツ語圏文学から世界文学へ

本専攻の理念は各自の個別研究を通して、ドイツ語圏の文学が持つ豊かな思想性、内面性を、ヨーロッパの歴史的、文化的な文脈の中で理解し、流動化する現代の諸事情の中で生き抜いていく指針を見いだすことです。

この理念に従って研究に従事することで、柔軟な知性と幅広い人格を備え、社会・文化の発展に貢献しうる人材を養成することが本専攻の目指すところです。博士前期課程では、大学院での学習・研究活動の基本要件である高度なドイツ語力、歴史を視野に入れた専門知識、学問的方法論の修得を目指します。各指導教授と相談しながら修士論文に向けて研究テーマを決め、中間発表会での発表を経て、修士論文を執筆します。

なお、在学初年度に卒業論文を短くまとめたもの、あるいは修士論文に向けての研究の一部を院生自身の編集による機関誌『STUFE』に発表することができます。

博士後期課程では各自が設定したテーマを指導教授の指導のもとで研究し、自立した研究者になるために必要な力を養います。研究成果を披露し、さまざまな批評や助言を得るために、雑誌『STUFE 』を発行しています。この『STUFE 』には、在学初年度に修士論文を短くまとめたものを掲載し、後期在学中に再度、新たなテーマで論文を発表することになっています。また各種学会で積極的に研究発表を行うなど、研究者としての力を涵養しながら、課程博士論文(後期課程修了後3 年以内)を書くことを目指します。そのために修了時には、今後の研究課題について修了報告を行うことが義務付けられています。

ドイツ語圏への留学

博士前期課程在学中に交換留学制度を利用したり、奨学金などを得て留学する院生も多く、評点のついたハウプトゼミナール履修証書を取得するなどして、ドイツ語圏での学問の方法を積極的に吸収しています。

ヨーロッパ研究所と連携

ヨーロッパ研究所では、講演会、自作朗読会、映画上映、さまざまなテーマに関するシンポジウムなどが開催され、院生たちは、それらの催しに参加することで、学問上の刺激を得ることができます。

諸分野での活躍の可能性

最近は博士前期課程を修了し、就職する人が大部分ですが、大学院で得た学識を生かし、公務員、教員、コンピューター関連の会社、出版社、民間の研究所、調査機関などさまざまな分野で活躍しています。また博士課程後期を修了した人たちの多くは、ドイツ文学研究、ドイツ語教育の分野で活躍しています。

修了生の最近の主な研究テーマ

  • 『ファウスト』におけるメフィストフェレスの機能
  • J.G. ヘルダーにおける感覚論と芸術論の融合
  • ワーグナー『ニーベルングの指輪』における神々と〈愛の欠如〉の関係
  • E.T.A. ホフマンの作品における現実認識の多重性
  • リルケの芸術事物とその閉じた構造
  • シーボルトの日本人像
  • エリアス・カネッティの『眩暈』における小説批判
  • ミヒャエル・エンデにおける著者・作品・読者の関係
  • 現代ドイツ児童演劇における多様性教育について
  • ファウスト・モチーフの映画への受容

大学院生も発表できる学術雑誌

文学研究科ドイツ文学専攻では研究業績を大学院STUFE刊行委員会が発行する『STUFE』に前期課程院生は1回、後期課程院生は2回以上発表することを推奨しています。

>>ドイツ文学専攻オリジナルサイトはこちら http://dept.sophia.ac.jp/human/glit/
(ドイツ文学科ホームページ内の項目を参照)