上智大学

学部・大学院 社会福祉学専攻

社会福祉の研究と実践をリードし
変革できる人材の養成

社会福祉学専攻は従来の狭義の社会福祉を超えて、広く新しい福祉社会の構築に寄与できる人材を養成します。そのために、これからの時代に求められる社会福祉の高度な教育と研究を新しい方法により進めていきます。本専攻では従来のわが国の社会福祉学専攻には見られない斬新なカリキュラムを編成し、理論と実践とを統合する新しいタイプの大学院教育を進めます。

福祉政策・運営管理系科目と福祉臨床系科目を設け、前者では、国や地方自治体、そして非営利セクターや市場セクターにおいて福祉政策や福祉サービスの運営管理のデザインを設計するとともに、それらを担う人材を育てます。この目標に沿って、明日の福祉社会を切り拓く研究者・行政官・ソーシャルアントレプレナー(社会起業家)が育っていくでしょう。後者では、ソーシャルワークの援助技術分野についてその理論的基盤を再検討するとともに、現代社会の多様化する福祉ニーズに対応できる高度な専門性を追究します。

カリキュラムについては、福祉政策・運営管理および福祉臨床の両領域において求められる研究方法の基礎演習を4単位、さらにそのアドバンス科目として福祉政策・運営管理、福祉臨床のそれぞれの領域の研究方法の演習を各2単位設けています。そのため既存の先端知識を学ぶだけではなく、自ら知識をつくり上げていくという研究の方法を具体的に学ぶことができます。

さらに研究者養成プログラムと高度福祉専門職養成プログラムを設け、大学院生の修了後の進路に則して、社会福祉の研究と実践をリードする研究者、高度専門職業人を養成する研究・教育拠点たることを目指します。また博士前期課程には長期履修制度があり、職業に就いている学生は、学費の負担が増えることなく長期(3年間)にわたって学ぶことができます。

二つの養成プログラム:「研究者養成」と「高度福祉専門職養成」

「研究者養成プログラム」を充実強化するとともに、学問的な理論と方法に裏付けられた「高度福祉専門職養成プログラム」を設け、修了後の進路の幅を広げました。後者のプログラムは、将来の専門職大学院の設置を念頭において先駆的に行われるプログラムです。

斬新な体系的カリキュラム:「二つの系」と「コアカリキュラム」

福祉政策・運営管理系および福祉臨床系のバランスのとれた科目群と、コアカリキュラムとしての多様な社会福祉研究法の演習からなる体系的・構造的なカリキュラムを編成しています。

理論と実践の統合を目指したトレーニング

「科学の知」「臨床の知」「政策・運営の知」のそれぞれを学び、「理論」と「実践・臨床」の統合を目指し、演習、事例分析、フィールドワーク等により科学的理論と方法を実践に結び付ける能力を高めるトレーニングを行います。

ソーシャルアントレプレナーの育成

福祉臨床の最新の知識・技術を修得したうえで、高度な専門職業人として社会の中で実践し、新しい福祉社会をデザインし、つくり出していく人を育てるとともに、新しい福祉社会のデザインを構想・設計する研究者を養成します。

認定社会福祉士へのキャリアアップのために

本専攻開講科目の「社会福祉研究法基礎」、「福祉政策運営管理研究法基礎」、「福祉臨床研究法基礎」、「医療ソーシャルワーク研究」、「社会福祉フィールドワーク」、「事例分析」の各科目は、認定社会福祉士認証研修として認証されています。社会福祉士から認定社会福祉士へとキャリアアップを目指す人を応援します。

働きながら学べる長期履修制度

職業に就いている博士前期課程の学生が職業と研究とを両立することができるよう長期履修制度があります。これは就業している学生の場合、2 年間の学費(授業料・教育充実費)で3 年間在籍し研究できるという制度です。

入試説明会、体験授業、入学相談会

  • 春学期と秋学期の週末に入試説明会を行い、入試の手続きの説明やカリキュラムの詳しい説明、大学院担当教員の紹介などを行います。
  • 入試説明会の時期に合わせて、大学院の授業を受験生に実際に体験してもらう体験授業も行っています。
  • 夏期のオープンキャンパス時には、大学院担当教員による個別の入学相談会を開きます

新たな入試制度

2019年度実施の入試より、社会人入試(筆記試験免除)制度と他大学で社会福祉学等を学んだ学生を対象とする筆記試験免除制度を始めました。