上智大学

ニュース 2021年度秋学期の授業方針について

2021年度秋学期の授業方針について

学生のみなさん
上智大学

7月23日付でお知らせした秋学期の授業対応につきまして、9月9日時点でのコロナ感染状況およびワクチン接種状況を考慮し、以下のとおりといたします。
 

  1. 10月末まではオンラインを中心とした授業形態とします。ただし、実験/実習/演習/資格に必要な科目および受講者が少人数の講義科目で、担当教員が必要と判断した場合には、対面で実施します。10月末まで対面実施とする科目の一覧は、9/22(水)(予定)にLoyola大学掲示板でお知らせします。10月末までの対面科目を、健康上の理由等によりオンラインで受講したい場合は、担当教員に直接連絡してください。
    なお、10月末までの措置は一時的なものであり、9月1日に公開されたシラバスは、この対応によって変更されることはありません。10月末までの授業実施方法(対面/オンライン)やZoom等のオンライン授業参加方法については、Loyola授業掲示板で9/22(水)以降、担当教員が掲出しますので、履修計画と併せて確認してください。
     
     
  2. 11月以降はシラバス通り(対面中心)の授業形態とすることを基本とします。11月以降に対面中心とする理由は、本学が実施するコロナワクチン職域接種の2回目が完了し、その効果が期待される時期となるためです。
    なお、11月以降の対面授業に、健康上の理由等によりオンラインで参加したい学生については、10月半ばに申請を受け付ける予定です。申請方法については、後日、Loyola掲示板でお知らせしますので、該当の学生は必ず確認のうえ、手続きをしてください。
     
     
  3. 11月以降に政府や東京都等から大学に対して施設使用制限が課されるような事態となった場合等には改めて授業方針を検討する可能性があります。
     
     
    以上