上智大学

ニュース 新型コロナウイルス感染拡大に伴う経済支援について -家計支持者の急変に対する経済支援の拡大-

新型コロナウイルス感染拡大に伴う経済支援について-家計支持者の急変に対する経済支援の拡大-

2020年 5月 20日
上智大学学生センター長 福武 慎太郎

在学生・保証人の皆様へ
新型コロナウイルス感染症の影響により日々の生活に影響を受けられている皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。

4月28日に上智大学長より「本学のオンライン授業受講と学生生活支援」として、家計急変に対する経済支援の拡大を進めることをお伝えいたしました。

このような状況を踏まえ、上智大学では篤志家の方々より緊急的に厚いご支援をいただき、家計支持者に急変のあった世帯の学生(日本人および、在留資格「留学」以外の外国人)を対象とした経済支援を下記のとおり拡充し実施いたします。

※同じく4月28日に上智大学長よりお伝えいたしました、学生生活支援の緊急措置の整備につきましては、アルバイト収入が激減して経済的に困難に直面している学生(留学生を含む)を対象に、5月11日(月)から22日(金)までLoyolaで募集を行っております。

【家計急変者対象】上智大学篤志家奨学金(株式会社ソフィアキャンパスサポート・上智大学後援会)

-家計支持者に急変のあった世帯の学生(日本人および、在留資格「留学」以外の外国人)対象-

<制度の概要>
〇給付金額
20万円または10万円/名 

※株式会社ソフィアキャンパスサポート、および上智大学後援会よりご支援を賜りました。
※10万円枠を新設し、さらに全体の採用枠を拡充いたします
※採否および給付金額は審査の上で決定いたします。

〇対象者
・以下の事由等により、家計収入・収支の急変が発生した世帯の学生(在学中の方/かつ日本人および在留資格「留学」以外の外国人)
-家計支持者の自己都合退職・休職・事業経営難等による家計の急変
-家計支持者又は家計支持者以外(扶養家族)の長期療養等による家計の圧迫
-その他家計支持者のやむを得ない事情による家計の急変
・急変事由の発生日は2019年1月以降を対象といたします。
・新型コロナウイルス感染拡大の影響以外の急変についても対象となります。

〇募集時期
申請期間:6月1日(月)~5日(金)
本日より募集要項をLoyola奨学金掲示板に掲出いたしますので、詳細はそちらをご覧ください。

なお本学の家計急変支援制度には、「上智大学家計急変特別措置」や「国による家計急変者対象の授業料等減免及び給付型奨学金」もございます。対象となる急変事由が異なりますので、あわせてご覧ください。上でご紹介しました奨学金と、原則いずれか一方のみ受給することができます。
https://www.sophia.ac.jp/jpn/studentlife/scholarship/kakei.html


〇篤志家のご紹介
・株式会社ソフィアキャンパスサポート
大学の教育研究や学生サービスの向上に財務面及び業務面で貢献をすることを目的に、学校法人上智学院の100%出資により2015年2月2日に設立された。上智学院が設置する学校の学生・生徒へのサービス向上を第一に、教育、研究、社会貢献活動を支援するとともに、事業展開から得られる収益を上智学院に還元し、「魅力ある学校」の創造に貢献することを企業理念とする。

・上智大学後援会
大学や学生を財政的に支援する父母・保証人有志の団体として、1973年(昭和48年)に発足した。大学の教育研究事業を支援し、併せて会員同士の親睦を図ることを目的として、さまざまな活動を行っている。具体的には、大学の教育研究環境の改善援助、奨学金の給付、英語学習アドバイザーや留学カウンセラーの配置費用補助、学生食堂「100円朝食」の料金補助、災害復興支援ボランティア活動や課外活動団体への助成などを行っている。


(問合せ先)
学生局学生センター 経済支援担当   scholarship-co@sophia.ac.jp