上智大学

キャンパスライフ 手続きの流れ

手続きの流れ

学生ごとに、障がいの特徴や程度、どういった環境調整が望ましいか、ということは異なります。

支援や配慮は「○○障がいがあるから」と障がい名だけで定型的に判断すべきものではなく、根拠資料の確認と合わせて一人ひとりの特性や学生生活の様子を十分に聞き取りながら、個別の配慮の必要性・合理性を慎重に検討する必要があります。

こういった観点から、大学としての合理的配慮の提供が決定されるまでには、相応の時間を必要とします。

支援開始までに1~2か月程度時間を要することもありますので、支援や配慮を必要とされる方は、お早めに障がい学生支援担当までご相談ください。


1.相談受付

 障がいにより、大学生活で特別な支援や配慮を必要とする方は、下記受付窓口までご相談ください。

 適切な支援・配慮の検討のため、初回は原則として、メールでの相談申込をお願いしています。
 メールには「学生番号」「氏名」「障がい名」「相談したい内容」を明記してください。

●受付窓口

  ウェルネスセンター 障がい学生支援担当
     メール: with_others-co[at]sophia.ac.jp  ※スパム対策のため、[at]を@に変えて送信ください。
     TEL : 03-3238-4088

※ご家族の方へ
 本学における障がい学生支援の実施は、学生本人の意思および要望があることを前提としています。
 ご家族からのお問合せをお受けすることはもちろん可能ですが、ご家族からのお話のみで、配慮や支援の申請を受理し、特別な措置を手配することはできません。
 障がいに関する困りごとがある場合や、配慮や支援が必要と思われる場合は、ご本人に対して、上記連絡先に相談するよう促してください。


2. ウェルネスセンターによるヒアリング(障がい学生支援担当)

 ウェルネスセンター職員(障がい学生支援担当)が、学生ご本人と面接し(30分~1時間程度)、障がいの状況、大学生活で必要な配慮・支援、通院状況などを詳しく伺います。


3. 修学支援申請受付

 以下の書類を、ウェルネスセンター 障がい学生支援担当に提出いただきます。

 

書類名

対象者

注意事項等

1

障がい学生修学支援申請書

全員

書式はウェルネスセンターからお渡しします。

2

医療機関発行の診断書 <原本>

*取得日より12ヶ月以内のもの

*診断名と、修学上で必要な支援・配慮の内容が具体的に記述されているもの

全員

診断書の様式は不問。診断名のみの記述では受付不可。必ず、大学生活でどのような支援や配慮が必要かについて、具体的に明記されたものをご提出ください。

3

心理テストの結果(データ)および所見
 <写し>

*最新のもの(ただし取得日から36カ月以内のもの)

発達障がいのある学生

4

障害者手帳 <写し>

当該手帳を取得している学生

有効期限や再認定の期日の記載のある手帳の場合は、期限内のものであること。


※その他必要に応じて、別途書類の提出をお願いする場合があります。

4.面談(関係部署)

 提出書類およびウェルネスセンターによるヒアリング内容をもとに、大学に対して要望する配慮や支援が、合理的かつ大学のルールの下で提供可能なものかについて、関係部署の教職員を交えて面談を行います。


5.配慮の決定

 面談内容を精査したうえで、合理的配慮の提供の可否を判断します。

 ※施設や機器に関わる要望、授業以外の学生生活に関わる要望については、手配を適宜進めます。
  大規模な改修や機器等の購入が必要なものは、全ての対応が難しい場合や時間を要する場合があります。

 ※授業に関わる配慮が必要な場合は、副学長(学務担当副学長・学生総務担当副学長)の承認を得た上で、当該学生が履修している
  授業の担当教員に対して、配慮依頼文書を発信します。
  依頼文書発信後、学生本人が担当教員に相談し、授業ごとの具体的な配慮内容について調整を依頼します。


6.配慮内容の見直し

 学期ごとに、前学期の受講状況や配慮内容・障がいの状況に変更がないか確認を行います。また学期途中でも、本人からのご相談に応じて配慮内容の見直しを行い、変更・調整を行います。

 ※配慮内容を更新する場合は、必要書類を改めて提出いただきます。
 ※障害者手帳の更新があった場合は、その写しを必ず提出してください。