上智大学

学部・大学院 神学部

上智で養うキリスト教をとおして世界を展望する力

#Sophian 神学部で学ぶ上智生

本学部は日本で唯一のカトリック神学部です。キリスト教あるいはカトリックの教えを体系的に学んで学位を取得します。ミッション系の高校からの進学者が多い一方でキリスト教的なバックグラウンドをもたない学生も少なくなく、小規模ながらも年齢、国籍、宗教的な背景などのバラエティに富んだ学部です。

#Perspective キリスト教を通して世界を知る

一人ひとりをかけがえのない存在として大切にする̶これがキリスト教の中心にあるメッセージです。人権や世界平和などさまざまな問題のルーツにあるキリスト教の影響を知ること、書籍、絵画、彫刻、映画などの芸術作品の背景にある聖書を学ぶことで、世界をより広く深く理解することができます。

#Vatican カトリックのルーツとつながる

神学部は上智大学の一学部であり、同時に世界的なカトリック大学のネットワークにある、バチカンの教育省の監督下に置かれている教皇庁立神学部でもあります。2019年に本学を訪れた教皇フランシスコも、イエズス会の大学の神学部の卒業生。現代で最も尊敬されるリーダーの一人であり、私たちが目指すモデルとなる存在です。

#Dialogue 対話を重ね、相手を知る

学生・教授間の距離が近く、活発な会話が行われる環境が特徴。日常におけるコミュニケーションや平和学などの授業をとおして、対話において「相手を受け入れること」の大切さを知り、キリスト教の視点から近代社会へのアプローチを試みるうえで、「対話」が重要なキーワードであることを学びます。

#Sophia Theology 上智大学神学部で学ぶということ

宗教に触れること、宗教を学ぶことは、私たちに多様な視座を与えてくれます。また世界の歴史を紐解くと、そこにはキリスト教の大きな影響が存在します。新しい知見との出会い、そしてキリスト教への理解に基づく歴史への深い見識は、現代のさまざまな問題の新たな解決法を見出すことにつながります。



神学科

キリスト教的価値観が現代を生きる人間にとってどのような意義をもつのかを追究します

神学科