上智大学

学部・大学院 フランス文学科

教育ポリシー

フランス的精神の根本にある複眼的思考と、異質さへの寛容性批判を尊ぶ精神に触れる

フランス語学・文学の総合的な学習を通して語学と文学の研究の方法論を学ぶほか、自主的な文献収集と読解で批判的な思考過程を体験します。それと同時に自らの言葉で問題を表現し、対話する技術と感性を養います。文学者が社会の常識的な考え方や大勢順応的なあり方と戦いながら人間性を極めていく姿勢は、フランス文学の特徴の一つです。そのため、単にフランス語能力を身につけてフランス文化に精通するだけでなく、どのような社会にあっても批判意識と問題意識をもてる人材、さらに国際的な研究者の養成を目標としています。

学問の魅力

多彩な作者・時代の芸術作品や過去のテキストから自身が探求する課題と出会う

1~2年次は集中的に語学力を高めながら、文学研究の基礎力を養います。3年次以降は、語学では「特修フランス語」で4技能を徹底的に習得。専門分野では、さまざまな作者や時代の芸術作品をテーマとして学ぶ「フランス文学研究」「フランス文化研究」、芸術作品や報道資料の文章を教材として言語への理解を深める「フランス語学研究」の3系列に分かれて、文学をはじめ語学、美術、映画、演劇、思想、社会に関する多様な科目から選択します。ここから各自がテーマを見つけ、担当教員の細やかな指導・コミュニケーションのもと、議論と検討を重ねて4年次の卒業論文へとつなげます。

カリキュラム

※科目の詳細については、シラバスをご覧ください

教員・研究分野

職名
氏名
現在の専門分野
教授
小倉 博孝
ラシーヌを中心とした17世紀文学、悲劇
教授 ミカエル・デプレ 16世紀から17世紀にかけての演劇史
教授
永井 敦子
ジュリアン・グラック、アンドレ・マルロー、シュルレアリスム
教授
博多 かおる バルザックを中心とした19世紀文学、音楽
教授
福田 耕介
モーリヤックを中心とした20世紀小説、比較文学研究
教授 ブルノ・ペーロン エルヴェ・ギヴェール、自伝文学
助教
實谷 総一郎
ゾラを中心とした19世紀文学、絵画