上智大学

学部・大学院 社会福祉学科

社会的・文化的に生きる「人間の尊厳」を研究し、これからの福祉社会のデザインを描く

教育方針

本学科では、他大学に見られないような、社会福祉臨床の実践を担う高度専門職業人の養成にとどまらず、人間らしい暮らしを営むことのできる福祉社会のデザインを描き、具体的な政策立案・運営管理ができる専門家、さらに社会福祉に関する研究者・教育者など、豊かな福祉社会の実現にさまざまな形で貢献する高度な人材の育成を目的としています。そのために学生は福祉理論を学び、同時に現場実習(選択)などで理論と実践を結びつけ、それらを統合することでより高度な福祉教育を身につけます。幅広い知識や教養をもち、地域社会や福祉の現場で、また一般企業、行政、NPOなどの機関で指導的な役割を果たせる人材を養成します。

カリキュラムの特徴

少人数のゼミ形式で行う1年次の「基礎演習」で、社会福祉研究や実践の基礎を固め、2年次からは必修科目に加えて、福祉政策運営管理系、福祉臨床系の選択必修科目が始まります。「司法福祉論」「福祉医療マネジメント論」「保健医療サービス論」など他大学にはない学術的、専門的な科目を設置しており、「演習」ではさまざまな教員の専門分野の中から自分の関心・テーマを見出し学びます。

教員・研究分野

職名
氏名
現在の専門分野
教授
岡 知史 
当事者福祉論およびコミュニティソーシャルワーク
教授 香取 照幸 社会保障
教授 高山 惠理子  保健・医療領域のソーシャルワーク
教授
栃本 一三郎 
社会福祉政策、人口減少社会、援助論を含む社会福祉の諸理論についてリフレクティブな検討
教授 丸山 桂 生活経済学
准教授
笠原 千絵
知的障害者の社会参加、インクルージョン
准教授
新藤こずえ
児童福祉、貧困、虐待を経験した子どもに対する研究、スクールソーシャルワーク
准教授 藤井 賢一郎 医療、福祉、介護などのシステムを研究