上智大学

ニュース 熊本地震被害への募金活動報告と御礼

熊本地震被害への募金活動報告と御礼

熊本地震被害への募金活動報告と御礼

4月17日~20日に上智大学内で開催した熊本地震写真展にご来場いただき誠にありがとうございました。 くまモン募金箱にお寄せいただいた募金は、課外活動団体Cross Artsの寄附金とともに熊本城の復興・復元に向けた「復興城主」制度(熊本市)に寄附させていただきます。 皆様のご支援に感謝申し上げます。

 募金額  112,000 円
 内訳 
  熊本地震写真展募金箱    12,000円
  課外活動団体Cross Arts   100,000円 

「復興城主」制度とは、1回につき1万円以上の寄附で「復興城主」となり、復元への費用に充てられ、城主証や城主手形(個人のみ)をいただける制度です。熊本城の復元には長い歳月と膨大な費用を要することから、復興のシンボル熊本城、そして熊本をこの制度で応援することができます。
課外活動団体 Cross Artsは今後も 「復興城主」制度に参加し、熊本城の復旧・復元に向けての寄付支援を行なう予定です。

課外活動団体 Cross Artsについて 
Cross Artsは、2012年創設の団体で、2号館食堂のトレー広告を手配して集めた金額を主に認定NPO法人JHP・学校をつくる会に寄付し、カンボジアに学校を立てる活動などの後方支援を行なってきました。2017年7月には九州北部豪雨災害時にも大学からの寄付に 参加(50万円)しています。今後、部員が熊本をを訪れ、復興の様子の学習すると同時に、熊本城の復興支援を継続する意向です。