上智大学

ニュース 6月21日以降の授業形態について

6月21日以降の授業形態について

2021年6月18日
上智大学長 曄道 佳明

2か月近くに及ぶ緊急事態宣言が、ようやく解除されます。これを受けて、本学では、6月21日以降、感染の拡大防止に努めながら、基本としては、春学期当初の授業形態に戻すこととします。ただし、教員の健康上の理由、科目の特性からハイフレックス授業が困難であるなどの理由により、引き続きオンライン授業を継続する科目もあります。その場合でも、一部に対面授業を導入するなどの工夫を継続して検討します。

また、原則オンラインのみで学期を開始した英語コースについても、各授業の特性を踏まえ、対面、オンライン、またはその組み合わせにより実施します。対面に移行した授業でも、海外からの入国が叶わない学生の皆さんはハイフレックス授業として受講できますので、安心してください。


緊急事態宣言下、キャンパスでの講義や様々な活動が限定的なものとなり、本来とは異なる環境下の生活が続く中、皆さんが自粛に努めつつ勉学に取り組んでこられたことは理解しており、ご協力に感謝しています。

今、各自治体や教育機関におけるワクチン接種の開始により、社会状況に改善材料が見られるようになってきましたし、学内関係者の感染状況も依然安定した状態が続いています。もちろん、変異株の影響、若者への感染率など予断を許さない状況も続いていることから、引き続き首都圏の感染者数の推移を注視しつつ、最善の修学環境を整えて提供することに力を尽くします。

皆さんも、検温等の体調管理を始めとした感染防止策、Sophia New Normalの徹底、特に食事の際の黙食の徹底につき、あらためてご理解とご協力をお願いします。

—授業について—

各科目の授業形態はLoyolaの授業掲示板で必ず確認してください。

オンライン受講を希望する場合、現在は、担当教員への連絡のみでよいとしておりますが、4月の授業開始時同様、あらためてアンケートを行います。ご自身またはご家族の健康上の理由等、新型コロナウィルス感染症に関わる事由でオンライン受講を希望する場合、手続きが必要ですのでLoyola掲示板を確認してください。春学期開始時同様、授業回ごと、科目ごとに選択できるものではなく、原則として春学期末(定期試験期間含む)までの期間においてすべての履修科目に適用されます。

なお、4月の授業開始時に既に申請済の場合は、再申請の必要はありません。事情が変わり、現段階において新たな申請が必要となった場合のみ申請してください。