上智大学

ニュース アルペ国際学生寮

アルペ国際学生寮の竣工祝別式が執り行われました

JR信濃町駅から徒歩1分の立地に、2019年4月開寮

4月から運用開始

2月21日、上智大学アルペ国際学生寮の竣工祝別式が現地にて行われました。竣工祝別式は、佐久間勤理事長の司式により執り行われ、来賓、本学関係者など約90人が出席しました。

佐久間理事長は、同学生寮の名前の基となった元イエズス会総長のペドロ・アルペ神父を偲びつつ、「アルペ国際学生寮は、上智大学で学ぶ日本人学生と留学生が、『他者のために、他者とともに』生きるという精神を身につけるため、お互いに切磋琢磨し合い、友情を培い、お互いを尊重しながら共同で生活する場として建てられました」と述べました。建築工事に携わった関係者の方々や、同学生寮の建設にあたり多くのご支援をいただいた真生会館の方々に感謝の意を表し、共同祈願にて祈りが捧げられました。その後、佐久間理事長により各フロアに聖水の撒布が行われました。

複数の住戸が共有する「コモンリビング」

JR信濃町駅から徒歩1分の恵まれた立地に建てられたアルペ国際学生寮は、今年4月から運用開始。留学生と日本人学生が共同で暮らす、本学にとって2つ目となる国際学生寮です。地上9階建の建物内は、複数の住戸が一つの空間「コモンリビング」を共有する空間構成となっているほか、多目的室、学習室およびシアタールーム、軽スポーツスタジオも設置。屋上にはテラスを設け、寮生間の交流活性化を促します。1階には宗教を問わず利用可能な「祈りの部屋」も設けられます。

テーブルと椅子が配置された中庭

また、デロイトトーマツベンチャーサポート株式会社との協働により、入寮者全員が参加するアルペ寮独自の教育プログラムも4月から実施予定となっています。このプログラムは、複雑化・多様化する社会の中で、「自身のビジョンを明確に持ち、多様な仲間とともに協働しながら、自分自身で未来を創る力」を育てることを目的に設計されたもので、講義・ワークショップを中心とする前期と、プロジェクトの実践を中心とした後期の2期制で構成されています。

教育プログラムの詳細についてはこちら


アルペ寮の概要や入寮申込みについてはこちら