上智大学

学部・大学院 総合人間科学部

上智で身につける「生き方」を考える力

#Sophian 総合人間科学部で学ぶ上智生

困難を抱えながら生きる人達や社会の現実と向き合う学びの中で、社会問題に対する関心を深め、よりよい社会を目指す学生が集まっています。教育、心理、福祉、医療など取り組む専門領域は異なりますが、共通するのは多様な人々と関わり、問題解決に貢献したいという強い意欲をもっていることです。

#Expertise 専門を磨き上げる

学部の土台となるのは、実証性を重視した科学的視点に基づいて、人間を総体的にとらえる考え方。その展開として、困っている人や傷ついている人に対して現場でのアプローチを試みるとともに、社会を変えるための政策面も注視します。科学・臨床・政策の3点が、カリキュラムの軸となっています。

#Interaction 刺激を受け合い世界を広げる

自身の専門性に加え、分野を越えて意見交換ができる能力が求められる時代。全学生がワンキャンパスに集う上智大学では、総合人間科学部の学科間だけでなく、他学部他学科の授業履修も容易で、横断的な社会貢献活動なども盛んに行われています。目標や考え方の異なる学生同士の出会いが、新たな気付きを生み出します。

#Sophia Human Sciences 上智大学総合人間科学部で学ぶということ

今より暮らしやすい社会をつくるために、多様な現場で人と関わりながら、社会の改革・改善に取り組んでいく。そして「for Others, with Others」の理念を体現する学びの中で高い専門性を培い、明るい未来をかなえる「ソーシャルイノベーション」を実現する人材の育成が、私達が描いている希望の形です。



教育学科

「人」が「育つ」、「人」を「育てる」ことについての充分な知識と視野、方法を自らのものにし、基礎的な土台を作る力を育成することを目的としています

教育学科

心理学科

時代が求める「心」を探究する力をもち、人の「心」をとらえるための総合的視野をもつ人材の育成を目指しています

心理学科

社会学科

主要な内容をバランスよく学習し、総合的な社会学のセンスを身に付けることを目指しています

社会学科

社会福祉学科

人間らしい暮らしを営むことのできる福祉社会のデザインを描き、具体的に実践できる人材を養成することを目的としています

社会福祉学科

看護学科

社会の変化や多様性に自律的かつ柔軟に対応できる素養を身に付けるとともに、柔軟な思考力を通した創造的な能力の育成を目標としています

看護学科

SPSF-Department of EDUCATION

The Education major examines educational and human development issues from international and interdisciplinary perspectives, based on a thorough grounding in the discipline of education studies.


SPSF-Department of SOCIOLOGY

Sociology is the study of social relations and social institutions, with the underlying purpose of explaining how social surroundings shape and are shaped by human behavior and consciousness.