上智大学

ニュース プレスリリース

AIを利用し「量子指紋」を解読することに成功

電気抵抗からナノ微細構造を再現

理工学部機能創造理工学科の大槻 東巳教授は、東京大学大学院工学系研究科・Beyond AI研究推進機構の大門俊介 助教、齊藤英治教授らを中心とする研究グループと共同で量子を理解するAIを開発し、電気抵抗の情報から試料のナノ微細構造を復元することに成功しました。本研究成果は、英国科学雑誌「Nature Communications」に2022年6月8日(英国時間)に掲載されました。

発表のポイント
  • ミクロなレベルでの試料の構造や不純物などの情報を持つ「量子指紋」を理解できるAIを開発した。
  • 電気抵抗由来の量子指紋を解読することで、電気抵抗の情報のみから金属内部のミクロな構造を復元することに成功した。
  • AIを利用したナノ構造顕微鏡への応用が可能であると考えられ、次世代エレクトロニクスデバイス開発への貢献が期待される。

研究成果の詳細については、プレスリリースをご覧ください。

プレスリリース全文(566.67 KB)