上智大学

ニュース プレスリリース

「上智大学国連Weeks October 2019」を開催します

若者とSDGs、教皇フランシスコによる平和構築の取り組みやエシカル消費、
アジア太平洋の開発問題などをテーマにしたイベントを多数実施

上智大学では、2019年10月5日(土)から24日(木)まで、「上智大学国連Weeks October 2019」を開催します(後援:国連広報センター)。

「国連の活動を通じて世界と私たちの未来を考える」をコンセプトに2014年から始まったこの企画も12回目を迎えました。今回は、タイの国民的人気グループBNK48のキャプテンで、今年5月に同国の名門マヒドン大学を卒業したばかりのチャープラン・アーリークン氏をアジアの若者代表として迎え、SDGs達成に向けた若者のコミットメントについて議論するスペシャルトークセッション(10/23)のほか、訪日日程が正式発表となった教皇フランシスコが取り組む平和構築活動(10/5)、アジア太平洋地域における持続可能な開発への課題と展望(10/24)、大量生産・大量消費解決に向けたエシカル消費(10/10)などをテーマにしたシンポジウムを開催します。また、ノーベル平和賞を受賞したデニ・ムクウェゲ医師の活動を記録した映画上映会(10/18)なども行われます。

いずれの企画も、各界の第一線で活躍中の研究者や実務担当者が登壇し、最新の知見や動向を高校生や大学生にも理解できるよう解説し、ともに議論を展開します。

スケジュール

いずれもご取材可能です。ご希望の場合は広報まで事前にご一報ください

105
1300
2号館17

【シンポジウム】キリスト教と国連の平和構築
~教皇フランシスコの南スーダンや他の平和構築への取り組み~

教皇来日を前に、平和構築に取り組む教皇の想いや取り組みへの理解を深める。

1010
1530~
2号館17

【シンポジウム】
SDGsへの挑戦 サステイナブルな消費と生産‐エシカル消費から未来を変える‐

大量生産、大量消費の現状と解決に向けて議論する。

1016
1715
2号館17

【シンポジウム】難民危機と高等教育の役割
シリアからの難民を受け入れてきたレバノンのセント・ジョセフ大学の取り組みについて学び、この地域出身の若者と一緒に高等教育の意義や役割などを考える。

1017
1905~
2号館17

【シンポジウム】アフガニスタンの和平プロセスと国連の役割
アフガニスタンの和平プロセスの行方や国連・日本の役割について議論。

1018
1830~
6号館1

【映画上映会】「女を修理する男」
ノーベル平和賞を受賞した婦人科医のデニ・ムクウェゲ医師。性暴力の被害者を献身的に治療する彼の活動に迫るドキュメンタリー。

1021
1800~
2号館17

【講演会】国連職員と話そう
国連開発計画(UNDP)駐日代表の近藤哲生氏が、仕事の内容やキャリア形成、国連機関でのこれまでの経験を中心に講演を行う。主に高校生や学生など、国連や国際協力の分野でのキャリアに興味のある方が対象。

1023
1800~
6号館1

【スペシャルトークセッション】SDGsへの若者のコミットメント 
SDGsへの若者のコミットメントをどのように喚起し、浸透させていくかをテーマとしたセッション。アジアの若者代表として、タイのBNK48キャプテンのチャープラン・アーリークン氏、バンコク国連機関の幹部、そして上智大学の学生代表が議論する。

1024
1800~
2号館17

【シンポジウム】バンコク国連機関とアジア太平洋の持続可能な開発への課題と展望
国連アジア太平洋経済社会委員会副事務局長のホンジュウ・ハム博士の基調講演を受けて、SDGsと水問題に関するパネル討論を実施。


各イベントの詳細やご取材については、下記までご連絡ください。

報道関係のお問合せ先:上智学院広報グループ
電話 03-3238-3179
sophiapr-co@sophia.ac.jp