上智大学

ニュース 新型コロナウイルス感染症 感染対策の徹底とモニタリング検査協力のお願い

新型コロナウイルス感染症 感染対策の徹底とモニタリング検査協力のお願い

2021年 5月17日
上智大学

緊急事態宣言が延長されていますが、本学では首都圏や学内の流行状況を注視し、細心の注意を払いながら、キャンパスでの活動をできる限り維持したいと考えています。

学内関係者からの感染報告数は、皆さんのご協力によって、今のところ急拡大は見られませんが、感染力が強い変異株の影響で、引き続き予断を許しません。

学生・教職員、そのご家族、地域の方々の中には、様々な事情や不安を抱える方も多くいます。構成員全員の理解と協力なしでは、キャンパスの活動は成り立ちません。何より、医療従事者の献身的なご尽力を無駄にするような軽率な行動は絶対にあってはなりません。

「自粛疲れ」も理解できるところですが、どうか今一度、感染防止の徹底をお願いします。

■【Sophia New Normal の6原則】を今一度、徹底してください。
  • 正しくマスクをつけましょう
  • こまめな手洗い・消毒を
  • 黙食と食前食後のマスクを習慣に
  • 距離を空けましょう
  • Sophia Wi-Fiへの接続(Zoomと動画)は必要な時だけに
  • キャンパスの密を避けるため、授業や用事が済んだらすぐ帰宅しましょう

■会食や飲み会はNO!
  • 昼食時、マスク無しで会話していませんか? 周囲の人は不安を感じているかもしれません。
  • 3密ではない屋外での感染事例(公園でのバーベキューなど)もあり油断できません。

■体調に異状を感じたら外出しない

どんなに感染対策をしていても、誰でも罹る可能性があります。大学への感染報告でも、最初はのどの痛み、味覚異常などを自覚している例が多くあります。そのタイミングから外出は控えましょう。

学内で無料PCR検査(内閣官房モニタリング検査)を実施します

コロナウイルスは無症状のまま周囲に感染を広げてしまう可能性があります。

多くの学生、教職員が検査を受けることで、集団感染の芽を抑えられれば、対面活動の維持に役立ちますし、ご自身やご家族の安心にもつながります。

詳細はLoyola掲示板に近日中に掲示しますので、積極的に申し込んでください。