上智大学

ニュース 教皇フランシスコ来訪記念写真展「ローマ教皇と上智大学」

教皇フランシスコ来訪記念写真展「ローマ教皇と上智大学」を開催中です

 11月14日から、2号館1階エントランスにおいて、教皇フランシスコ来訪記念写真展「ローマ教皇と上智大学」が開催されています。
 本学の歴史を紐解くと、ローマ教皇との関わりは深く、本学の設立に重要な役割を果たしたヨゼフ・ダールマン神父は聖ピウス10世教皇に謁見した際、日本に高等教育機関を設立することの必要性を伝えました。それを受け、聖ピウス10世教皇は日本におけるカトリック大学の設立をイエズス会に要請し、1913年に本学が開校しました。

 写真展では、ローマ教皇と本学の関わりを年表で振り返るとともに、聖ヨハネ・パウロ2世教皇が来校した際の写真と本学に対する期待の言葉を紹介。
 また、教皇フランシスコが2013年の本学設立100周年に寄せた書簡や、2017年12月の「教皇フランシスコと話そう」の企画で語った学生へのメッセージも展示しています。

 会期:11月14日(木)~12月20日(金)
 時間:平日10:00~17:00(予約不要・入場無料)
 問い合わせ:総務局広報グループ 電話03(3238)3179

 なお、写真展の感想はこちらまで。exhibition.6bldg@ml.sophia.ac.jp