上智大学

学部・大学院 哲学科

教育ポリシー

一人ひとりの個性や信条を尊重し自ら考え、他者とともに考えられる人格的な成長を目指す

本学科は、大学創立時に創設された、本学で最も歴史と伝統のある学科の一つです。また建学精神である「上智(知恵)への愛」すなわちフィロソフィア(哲学)を代表する学科でもあります。哲学を学ぶ学生たちそれぞれの人生が開かれるうえでの「道」の自覚を大切にするという理念にもとづき、さまざまな個性や信条をもった人々が、「自らの力で考え、表現し、他の人々とともに考える」能力を養うことで全人間的に成長し、自己実現を目指します。

その努力を支え、精神的な成長をうながせるよう、少人数制を基本とする体系的教育を徹底。出版・ジャーナリズム・芸術・政治・宗教などの分野で活躍する人、研究者、教員など、多くの指導的人物を輩出しています。

学問の魅力

古代・中世・近現代にいたる哲学・思想を研究し 思考力・理解力・表現力を鍛える

1年次には少人数の演習などの基礎科目とともに、哲学の入門編となる科目や、哲学の歴史を紐解く科目を展開。合わせて第1外国語(ドイツ語・フランス語・英語)と、第2外国語(ドイツ語・ラテン語・フランス語)を選択して学びます。2年次より「哲学思想」「倫理学」「芸術文化」の3つから系列を選択し、演習形式の授業を軸として、専門科目を学んでいきます。より多様な観点から哲学について学ぶべく、選択した系列以外の科目を横断的に履修することも可能です。4年間を通して少人数の演習や文献講読の科目が多く、「自力で考え、表現し、ほかの人々とともに考える」能力が培われます。

カリキュラム

※科目の詳細については、シラバスをご覧ください

教員・研究分野

職名
氏名
現在の専門分野
教授
荻野 弘之
古代ギリシア哲学を中心に、プラトンからストア派にいたる思想を研究
教授
佐藤 直子
中世神秘主義と近代の超越論哲学の関係などを研究
教授
寺田 俊郎 
近現代の実践哲学、臨床哲学、対話の哲学、Global Ethicsなどを研究
教授 
長町 裕司 
東西の宗教哲学とともにドイツの近現代哲学を重点的に研究
准教授 川口 茂雄 認識論、現象学、言語哲学、歴史哲学などを研究
准教授
桑原 俊介
美学、芸術学、特にドイツ近代の美学を研究
准教授
杉尾 一
自然科学の哲学、特に量子力学の認識論的問題を研究
准教授
鈴木 伸国
近代ヨーロッパ哲学、特にフィヒテおよびドイツ観念論について研究