上智大学

学部・大学院 社会学科

知的好奇心と独自の視点を携えてあらゆる社会現象のメカニズムを探る

教育方針

公正で自由な社会の実現を目指し、さまざまな不平等・不公正を生み出すメカニズムの解明、多様な価値観やライフスタイルが共存できる社会制度や社会意識の探究を目的としています。人間の尊厳のために、社会と人間の相互関係への視点を基本に、人間の誕生から死に至る、ミクロからマクロまでのさまざまな社会集団や社会制度を研究対象とし、理論的・実証的な知見の獲得、その現実社会への応用力の育成を行います。国際的な視野と自由な人間性を重視する立場から、新たな社会事象や社会問題を総合的に分析する力を身につけ、社会制度や社会環境の改善に向けて、行政・企業・地域社会などで建設的な視点で政策や実践を構想・提言できる人材を育成します。

カリキュラムの特徴

1 ~ 2年次に社会学の基礎を身につけます。「基礎演習」では、15人程度のクラスで論文の書き方や発表方法を学びます。また、英語による基礎文献講読により、外国と日本社会を比較する視点を養います。「社会学理論」では、社会学的なものの見方や考え方を体系的に身につけ、「社会調査方法論」では、それを実際の社会現象に適用し分析します。同時に、2年次からは多様な社会学の専門科目を学び、かつ必要に応じて他学部科目も履修ができます。3年次の演習では、共同研究やディベートなどのグループ活動を、4年次は卒論・ゼミ論に向けた準備作業を行います。

教員・研究分野

職名
氏名
現在の専門分野
教授 今井 順 新制度論に基づき、雇用関係やその社会的不平等との関係について研究
教授
植田 今日子
環境社会学、民俗学をベースに異文化圏としてのコミュニティについて研究
教授
田渕 六郎
家族とライフコースの社会学、エイジングの社会学などについて研究
教授
芳賀 学
宗教社会学、文化社会学の研究をベースに、社会と宗教との関わりを解明
教授
藤村 正之
人々の「生」のあり方と社会構造・社会変動の関係などについて研究
教授
渡邉 深
社会構造(ネットワ-ク、文化、権力)が経済や組織に与える影響を研究
准教授
猿谷 弘江
社会運動と市民社会についての研究
准教授 カローラ・ホメリヒ(2019年9月着任予定) リスク社会論、客観的な生活状況と幸福度との関連について研究
助教 細木 ラルフ 一十稔 移民の権利・保護度合いの国内外規定要因の国際比較研究