上智大学

学部・大学院 神学研究科

神学研究科

前期課程では、カトリック神学の基礎的分野の体系的理解・修得を目指します。さらに、4つのコース(①組織神学、②聖書神学、③キリスト教教育、④宣教実務者)のいずれかの選択によって、各自の研究をより深めることができます。また、組織神学コースにおいては、全世界に共通な教会法上の学位(STB、STL)の取得も可能です。

後期課程においては、いっそう独創的な研究とその成果が目指されます。カトリック司祭・修道者、およびカトリック学校の宗教科教員の養成を通して、教会・社会に貢献できる人材の育成を主目的としています。


神学専攻(博士前期課程)・組織神学専攻(博士後期課程)

カトリック神学は、2000年の歴史を持つ学問です。神学専攻は、この神学を基礎的・中心的研究対象としながらも、同時にまた、世界的視野のもとに、他の思想・文化・宗教との対話の重要性にも注意を払っています。

神学専攻(博士前期課程)・組織神学専攻(博士後期課程)