上智大学

大学案内 上智大学 SDGs&サステナビリティ

SDGs&サステナビリティにかかわる、上智大学全体の取り組み SDGsのロゴ

「SDGs」は、2015年9月に国連総会で採択された「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals)の略称で、2030年を達成期限とし、各国が取り組むべき17の目標とその具体的な評価基準169項目が定められています。

上智学院サステナビリティ推進本部 本部長 ご挨拶

学校法人上智学院は建学の理念と教育精神に基づき、教育研究を行うと同時に社会貢献を行っております。イエズス会を設立母体とする教育機関として、中長期計画「グランドレイアウト2.1」においても、基本理念として、「人間の尊厳」を脅かす、「貧困、環境、教育、倫理」に関する社会課題の解決への貢献を掲げております。

今後も、より良い世界を創生するための世界全体の取り組みに合わせて上智学院の社会的責任(Social Responsibility)を果たす取り組みを一層推進してまいります。そのために、設立母体であるイエズス会がこれからの10年で優先的に取り組む4つの優先課題(UAPs=Universal Apostolic Preferences of the Society of Jesus/「イエズス会の普遍的使徒的方向付け」という)と、国連の掲げる世界的取組であるSDGs(17の持続可能な発展項目)を積極的に活かすことが必要であり、そのための体制を構築することとなりました。

今回の「上智学院サステナビリティ推進本部」設置により、SDGsに代表されるサステナビリティ推進に関して、これに寄与する上智学院各学校の研究、教育、社会貢献が成果として整理され、社会にさらに強く発信していくことが期待されるととともに、推進における進捗管理や指揮命令系統が整えることができました。特にグローバルキャンパス創生のためにダイバーシティ推進、共生社会の実現に向けた学内環境の整備は、今後更に加速化させていきたいと考えております。

学生、教職員が一体となって進める我々の活動に対して、引き続きご支援を賜ることができましたら幸いです。

上智学院サステナビリティ推進本部 本部長
総務担当理事  アガスティン・サリ



SPSF (Sophia Program for Sustainable Futures)

SPSF (sophia program for sustainable futures)

2020年度秋学期から、人文・社会科学系の6学科が協力した新たなプログラムとして、英語による「持続可能な未来を考える6学科連携コース(Sophia Program for Sustainable Futures)」を開設しています。受験(出願)時に学科を選択し、各学科がもつ専門分野はもちろんのこと、SPSFの他学科の科目やSustainable Futuresをテーマにした共通科目を英語で学び、学位の取得を目指します。
 

上智大学国連Weeks

上智大学 国連Weeks

国連アカデミックインパクトの参加大学である本学では、2014年より毎年6月上旬と国連デー(10月24日)前後の10月下旬に「上智大学国連Weeks」を開催しています。

「国連の活動を通じて、世界と私たちの未来について一緒に考える」をコンセプトに、国際シンポジウムや講演会、写真展、映画上映などさまざまな企画を開催しています。

これらの企画は本学学生だけではなく、広く一般の方にも公開しており、毎回大勢の社会人や高校生にもご参加を頂いております。2016年度以降の国連Weeksでは、SDGsに関連した講演会やシンポジウムなどの企画に力を入れています。
  
上智大学国連Weeks

■SACRU collaborative research on Laudato Si' in Action

SACRU (The Strategic Alliance of Catholic Universities) ロゴマーク

教育学科 Maria Manzon 准教授

【Abstract】 Laudato Si' in Higher Education

The Strategic Alliance of Catholic Research Universities (SACRU) is a network of universities dedicated to research and teaching excellence, engagement and global collaboration informed by Catholic social teaching. Sophia University is one of eight Catholic universities from across the world participating in SACRU.

The SACRU Working Group 2 (WG2) has been tasked with understanding how SACRU member universities have responded to the Pope Francis' 2015 encyclical Laudato Si': On Care For Our Common Home. Laudato Si' (LS) describes the roots of our ecological crises, invites all people into a dialogue about how we are shaping our collective future, and calls for a renewal of humans' relationship with nature through ecological conversion.

SACRU WG2 is conducting a survey as the first stage in its mission to promote Laudato Si' principles in the heart of SACRU universities from the perspectives of research, teaching, service, and campus life.

【Future prospects】 This collaborative research will:
1) Create evidence on how LS is integrated in the campus life of SACRU members,
2) Strengthen the role of SACRU universities in research and public engagement thus promoting LS principles outside the university, and
3) Establish a dialogue with secular universities.

国連グローバル・コンパクトの活動

国連グローバル・コンパクト ロゴマーク

国連グローバル・コンパクト(United Nations Global Compact、以下UNGC)は、1999年に当時の国連事務総長コフィー・アナン氏が提唱し、2000年7月26日にニューヨークの国連本部で正式に発足したイニシアチブです。企業を中心とした様々な団体が、責任ある創造的なリーダーシップを発揮することによって社会の良き一員として行動し、持続可能な成長を実現するための世界的な枠組みです。

現在、世界161カ国で約1万3800を超える企業や団体がUNGC署名し、「人権」・「労働」・「環境」・「腐敗防止」の4分野・10原則を軸に活動を展開するとともにSDGs達成のために様々な施策を実行しています。

本学は、2015年5月にUNGCに署名するとともに、日本国内のローカルネットワークである「グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン」(以下GCNJ)に加盟し、活動しています。中でもGCNJと共催し、加盟企業や国連機関と連携した数々のシンポジウムを国連Weeksの中で継続して実施しています。

国連グローバル・コンパクトの10の原則

  • 人権  原則1: 人権擁護の支持と尊重 原則2: 人権侵害への非加担
  • 労働  原則3: 結社の自由と団体交渉権の承認 原則4: 強制労働の排除 
        原則5: 児童労働の実効的な廃止 原則6: 雇用と職業の差別撤廃
  • 環境  原則7: 環境問題の予防的アプローチ 原則8: 環境に対する責任のイニシアティブ 
        原則9: 環境にやさしい技術の開発と普及
  • 腐敗防止  強要や贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗防止の取組み

上智大学国際協力人材育成センター

国際協力人材育成センターロゴマーク

上智大学国際協力人材育成センターは、本学が教育精神とする「他者のために、他者とともに(Men and Women for Others, with Others)」の志を抱いて国際協力の分野で活躍しうる次世代の人材育成を目的として、2015年7月に設立されました。

本学は、100年以上の長い歴史の中で、国際機関や国際協力の分野で活躍する数多くの優れた人材を輩出してきました。このセンターは、そのような伝統を受け継ぎ、先達に続く人材を今後も持続的に送り出してゆくために、一人ひとりの学生の皆さんを支援したいと考えています。
 
国際協力人材育成センター 
https://dept.sophia.ac.jp/is/shric/

国連‐責任投資原則(PRI)の署名

責任投資原則(PRI)ロゴマーク

学校法人上智学院では、2015年11月に国連が支援する責任投資原則(PRI)に署名しました。PRIは、持続可能な社会の実現を目的とし、機関投資家等が、環境(Environmental)、社会(Social)、コーポレートガバナンス(Governance)の課題を投資の意思決定に組込むことを提唱する原則です。PRIへ署名することは、上智大学の建学の理念と整合的な投資方針を取り入れ、加盟している国連グローバルコンパクトの原則を資産運用面で実践するものです。

教育研究機関を運営する学校法人として、責任あるアセット・オーナーとして、今後ともESG投資を通じて、グローバル社会の直面する様々な課題解決に貢献してまいります。
 
学校法人上智学院 上智学院の責任投資の取組み 
https://www.sophia-sc.jp/info/esg.html

Global Green Bond Fundへの投資 <債券型インパクト投資>
国際協力機構(JICA)の社会貢献債(ソーシャルボンド)への投資 <債券型インパクト投資>
ベンチャーキャピタルファンド(Aavishkaar社・インド)への投資 <インパクト投資>
アフリカ開発銀行「アフリカの人々の生活の質向上ボンド」への投資 <債券型インパクト投資>

「国連大学SDG大学連携プラットフォーム」に加盟しました。

SDGsのロゴマーク

上智大学は、国連大学SDG大学連携プラットフォーム(SDG-UP)に加盟しました。(2020年10月)

About SDG–UP:
This new academic platform was established by UNU-IAS in 2020. It engages Japanese universities to collaborate and exchange dialogue on opportunities and challenges in promoting the SDGs. SDG–UP is designed to contribute to the sustainable development of Japan and the world through collaboration between United Nations University and Japanese universities. The project activities aim to take the lead in transforming the individual behaviour of stakeholders involved in the higher education sector, aiming to contribute towards realising a more resilient society, and supporting individuals to take actions to ensure a more sustainable future for all.

上智大学アフリカ・ウイークス

アフリカウィークスのポスター

上智大学は、将来アフリカ地域と深く関わっていくことになる皆さんとともに、アフリカ地域への理解を促進し、連携を深めていくためへの取り組みとして「アフリカ・ウイークス」を開催しています。シンポジウムや学生企画など、多彩なプログラムを実施しています。 
 
上智大学アフリカ・ウイークス

ソフィア オリンピック・パラリンピック プロジェクト

SDGsの目標 3と4

上智大学では、東京2020オリンピック・パラリンピックを共生社会の象徴的イベントとして捉え、本学の教育精神である「Men and Women for Others, with Others(他者のために、他者とともに)」をもって、若い世代がその理解をすすめ、東京2020大会のみならず、ボーダレスな共生社会の実現を展望する機会を提供します。
また、この開催を支援するいくつかの試みを実施し、東京2020大会の実施に貢献していきます。
 
ソフィア オリンピック・パラリンピック プロジェクト 公式サイト

UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)との連携協定

SDGsの目標 4と10

上智大学は、UNHCRと2014年10月に教育連携に係る包括的な協定を締結し、同協定に内包される個別目標の実現に向けた取り組みとして、難民高等教育事業に参加することになりました。

上智大学は2017年4月から同事業を通じUNHCRが推薦する難民を毎年1名正規奨学生として受け入れます。上智大学は、「叡智が世界をつなぐ」の言葉にこめられた理念の実現に邁進するという建学理念に基づき、「隣人性」と「国際性」を基調として、難民保護のための国際連帯を体現するために、同事業を実施します。上智大学は、人格の尊厳と基本的人権を認め合い、責任ある連帯感と超越的価値への謙虚な心構えをもって互いに人格を磨き合い、それぞれの持ち場で人類と世界の発展に奉仕する者を育成することを使命としています。その為、難民が入学することによって、難民に対する定住支援だけではなく、他の学生はもとより、教師や職員にとっても学びの機会が提供されるとの期待が高まっています。
 
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)【上智大学が難民高等教育事業に参加】

学校法人上智学院が北海道・八雲町と連携協定を締結

SDGsの目標 4と11

国際連合が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現に寄与することによって、双方の発展のために連携することを目的とした協定を締結しました。(2018年3月22日)
 
学校法人上智学院が北海道・八雲町と連携協定を締結

上智学院ダイバーシティ推進室

SDGsの目標 5と10

グローバル社会で活躍する研究者の育成、ワーク・ライフ・バランスの推進、研究者を目指す中高生の育成、意識啓蒙等に取組みます。学生・教職員に対して、ダイバーシティ意識を高め、21世紀の上智学院の発展に貢献する活動を積極的に推進して参ります。
 
上智学院ダイバーシティ推進室 公式サイト

「30% Club Japan 大学ワーキンググループ」に参画しました

SDGsの目標 5と10

2021年6月、本学は「30% Club Japan 大学ワーキンググループ」に参画しました。

「30% Club」は、企業の重要意思決定機関に占める女性割合の向上を通して、企業の持続的成長の実現を目的とする世界的なキャンペーンで、2010年に英国で創設され、日本では2019年から正式に活動を開始しました。「30% Club Japan」は、2030年までにTOPIX100の女性役員割合を30%にすることを目標としています。「30% Club Japan」の下、「 大学ワーキンググループ」では、大学が教育、研究、社会貢献という幅広い分野でジェンダーダイバーシティの実現に貢献できるよう、大学自らがジェンダーダイバーシティを推進することを目的とし活動しています。 
 
「30% Club Japan 大学ワーキンググループ」に参画しました

あいおいニッセイ同和損保と共同で多文化共生社会研究所を設置

SDGsの目標 5と10と16

上智大学とMS&ADインシュアランス グループのあいおいニッセイ同和損害保険株式会社(東京都渋谷区、社長:金杉恭三、以下 あいおいニッセイ同和損保)は、共同で「上智大学多文化共生社会研究所」を設置しました。(2020年10月27日)
 
あいおいニッセイ同和損保と共同で多文化共生社会研究所を設置

上智大学四谷キャンパスで使用する電力に100%再生可能エネルギーを導入

SDGsの目標 7

国連の提唱する持続可能な開発目標」(SDGs)実現を目指す取り組みの一環として、2020年6月1日から、上智大学四谷キャンパス(東京都千代田区)で消費する電力について、出光グリーンパワー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉田淳一)が提供する「プレミアムゼロプラン」の使用を開始します。

これに伴い、上智大学四谷キャンパス全体で使用する電力量の約95%にあたる年間約2,000万kwhが、再生可能エネルギー100%の電力に切り替わることとなり、CO2の大幅な削減を図ります。  
 
上智大学四谷キャンパスで使用する電力に100%再生可能エネルギーを導入

「自然エネルギー大学リーグ」が発足し、上智大学も加盟しました

SDGsの目標 7

2021年6月7日(月)、「自然エネルギー大学リーグ」が発足し、設立総会および記者発表会が行われました。設立総会において、同リーグの代表世話人に千葉商科大学の原科幸彦学長が就任したほか、本学の曄道佳明学長が世話人に就任しました。同リーグは、代表である千葉商科大学を始め、国際基督教大学、和洋女子大学、聖心女子大学、東京外国語大学、長野県立大学、広島大学、東京医科歯科大学および本学の9大学が発足メンバーとして加盟しています。

今般発足した「自然エネルギー大学リーグ」は、大学における自然エネルギーの利活用を促進することと、その取り組みを推進する人材を育成することを目的としています。加盟大学は、自然エネルギー100%の大学を目指し、2030年から2040年までを目途として、自らが定める時期までに再生可能エネルギー100%の電力導入を生産または調達する目標を掲げ、実行していくことが求められています。 
 
「自然エネルギー大学リーグ」が発足し、上智大学も加盟しました

学生・社会への成果還元、多様な働き方や事務効率化の実現を目的とした職員の働き方改革宣言を策定

SDGsの目標 8

学校法人上智学院(以下、本学院)では、2020年4月より若手・中堅職層の職員により、全学的な部署横断型の「働き方改革プロジェクト」を立ち上げ、将来を見据えた検討を進めてまいりました。
本学院では、プロジェクトチームからの提案を受け、今後学院としての取組み推進を図っていくために、2020年12月に「職員の働き方改革宣言」を決定しました。また、それを具体化するアクションとして、「働き方改革を進めるための“14の取り組み”」を学内でも定めたところです。
今後は、職員が一丸となって 「学生・社会への成果還元を目指した教育研究活動の推進」 と「職員の多様な働き方の実現や働きがい・満足度の向上」の両立を目指して、日々の改善活動に着手し、建学の理念の実現に努めてまいります。

学生・社会への成果還元、多様な働き方や事務効率化の実現を目的とした職員の働き方改革宣言を策定

障がい学生支援について

SDGsの目標 10

上智大学は、イエズス会の教育精神“Men and Women for Others, with Others”を継承する大学です。私たちは、存在そのものが善であり、人間としての尊厳において平等であると考えています。また、全ての学生がその能力を最大限に生かせるように成長を続け、他者のために役立つ人材となることを目指しています。

このような本学の理念に加えて、2006年に国連総会で採択された「障害者の権利に関する条約」に基づき、障がい学生に対する不当な差別的取り扱いを無くし、障がい学生が学習や研究を進めることができるよう、障がい学生と大学が話し合い、上智大学として可能な合理的配慮(reasonable accommodation) を提供します。また、全ての学生が障がいについて理解を深め、適切な理解のもと相手の視点に立った行動を実践し、ともに共生社会を実現していくことを目指します。
 
障がい学生支援について

四谷キャンパスで傘のシェアリングサービス「アイカサ」スタート

SDGsの目標 12

四谷キャンパスで傘のシェアリングサービス「アイカサ」スタート
専用アプリを利用することで、廉価に傘をレンタルできます(22歳以下は無料プラン有)。
設置場所右向き三角①2号館各エントランス ②アクティブコモンズ(EV付近)③11号館ピロティ(自販機付近) 
 
四谷キャンパスで傘のシェアリングサービス「アイカサ」スタート

「2021年 気候危機に関する政府に向けてのグローバル投資家ステートメント」に署名しました

SDGsの目標 13

上智学院は、国連責任投資原則(PRI)を通じて、「2021年 気候危機に関する政府に向けてのグローバル投資家ステートメント」に署名いたしました。(2021.06.24)この声明は、The Investor Agendaの創設7団体(AIGCC, CDP, Ceres, IGCC, IIGCC, PRI, UNEP-FI )のコーディネーションの下で、資産総額41兆米ドル超となる457の機関投資家が署名し、2021年、各国政府に対して以下の行動を要請するものです。

教育研究機関を運営する学校法人として、責任あるアセット・オーナーとして、排出ネットゼロの社会経済実現に向けての取組みを進めるとともに、今後ともSDGsに代表されるグローバル社会が直面する様々な課題解決に貢献してまいります。 
 
「2021年 気候危機に関する政府に向けてのグローバル投資家ステートメント」に署名しました

TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)提言への賛同について

Task Force on Climate-related Financial Disclosures のロゴマーク

学校法人上智学院は、2015年12月に採択されたパリ協定を支持し、金融安定理事会(FSB)により設置された、TCFD<Task Force on Climate-related Financial Disclosures>(気候関連財務情報開示タスクフォース)の提言に賛同の意を表明しました。(2019.02.18) 
 
TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)提言への賛同について

Climate Action 100+への参加表明

Climate Action 100+のロゴマーク

学校法人上智学院は、「Climate Action100+」にサポーターとして参加することを表明しました。(2020.10.16)「Climate Action100+」は、グローバルな環境問題の解決に大きな影響力のある企業と、情報開示や温室効果ガス排出量削減に向けた取組みなどについて建設的な対話を行う機関投資家の世界的なイニシアティブです。 
 
上智学院が「Climate Action 100+」に参加しました

「アマゾンの森林破壊と森林火災に関する投資家の声明」に署名

SDGsのロゴマーク 15

学校法人上智学院は、アマゾンの森林火災問題に対処するため、国連が支援する責任投資原則(PRI)が呼びかけを実施した「アマゾンの森林破壊と森林火災に関する投資家の声明」に署名しました。(2019.10.08)

「アマゾンの森林破壊と森林火災に関する投資家の声明」に署名

木造耐火構造の「上智大学15号館」が着工

上智大学15号館 の外観イメージ

学校法人上智学院(東京都千代田区、理事長:佐久間 勤)と住友林業株式会社(本社:東京都千代田区、社長:光吉 敏郎)は、2021年4月26日に「上智大学15号館」の起工式を行いました。当施設は国産材を使用した木造3階建ての耐火構造で、原材料の調達、その輸送、材料の加工など、建築等の過程で出るCO2(エンボディード・カーボン)の排出を削減します。住友林業が設計・施工し、2022年4月の竣工、同年6月の供用開始を目指します。

木造耐火構造の「上智大学15号館」が着工

教皇フランシスコ訪日記念特別連続シンポジウムと上智大学ご訪問

SDGsのロゴマーク

2019年11月に教皇フランシスコが、ローマ教皇として38年ぶりに日本に訪問され、上智大学でも講演をして下さいました。上智大学では、教皇フランシスコの訪日を前に、3回のシンポジウムや講演会を主催し、教皇フランシスコの活動の意義について学びました。また11月26日には、教皇フランシスコが上智大学を訪れ、教員が学生に向けて直接メッセージを発して下さいました。 
 
教皇フランシスコ訪日記念特別連続シンポジウムと上智大学ご訪問

エスピノサ国連総会議長が来校し学生や教員と対話

SDGsのロゴマーク

2018年9月から始まった第73回国連総会において、国連総会議長を務めるマリア・フェルナンダ・エスピノサ・ガルセス氏が、国連総会議長就任を前に日本に数日滞在し、本学も訪問しました。8月31日の午後に本学を訪れたエスピノサ議長は、「どう国連を強化するか-女性と平和・安全保障」と題して、本学学生や教員たちに講演を行いました。その後、学生や教員との質疑応答もあり、あわせて約1時間半にわたり、熱い議論が繰り広げられました。 
 
エスピノサ国連総会議長が来校し学生や教員と対話

教皇フランシスコと映像回線を通じて学生が対話する「教皇フランシスコと話そう」を開催しました

SDGsのロゴマーク

2017年12月18日、映像回線を通じて、本学ほか学校法人上智学院が運営する学校の学生・生徒と教皇フランシスコが対話する「教皇フランシスコと話そう」が行われ、700人を超える学生・生徒、教職員が参加しました。また、当日はYou Tube Liveによるインターネット中継も行われました。教皇フランシスコは、本学の設立母体であるカトリック・イエズス会出身の初の教皇です。本イベントはイエズス会の教育機関である本学ならではの企画として実現しました。母国アルゼンチンの神学校時代に、当時神学院の院長であった教皇から直接薫陶を受けた神学部のホアン・アイダル教授が、教皇と交渉した結果、今年5月に教皇から内諾をいただき本企画の実現に至りました。 
 
教皇フランシスコと映像回線を通じて学生が対話する「教皇フランシスコと話そう」を開催しました

アントニオ・グテーレス国連事務総長が来校しました
-特別講演「グローバル課題:『人間の安全保障』の役割」と学生との対話-

SDGsのロゴマーク

2017年12月14日、本学は国連事務総長として初来日したアントニオ・グテーレス氏をお迎えし、学生と市民を対象とした特別講演会「グローバル課題~『人間の安全保障』の役割~」(Special Lecture "Global Challenges: The Role of Human Security")を開催しました(後援:外務省、国連広報センター)。2017年にオープンしたソフィアタワーの101教室には、600人もの学生や市民、専門家や、国連の関係者、NGOの人たちが集まりました。本講演会は、本学グローバル教育センターの東大作教授がニューヨークの国連本部に研究発表のために訪問した際に国連事務総長室に直接交渉を行い、実現に至りました。 
 
アントニオ・グテーレス国連事務総長が来校しました ー特別講演「グローバル課題:『人間の安全保障』の役割」と学生との対話ー