上智大学

学部・大学院 地球環境法学科

地球規模の環境問題を解決する法システムを分析し構築する

教育方針

放射性物質による汚染、地球温暖化、酸性雨、オゾン層破壊、海洋汚染、砂漠化の拡大、廃棄物の不法投棄、アスベスト問題など、人類の生存に対する深刻な事態が地球規模で生じています。法的枠組みがなければ環境問題の深刻化を防ぐことはできません。また、環境破壊が一度生じてしまうと、失われた環境や健康を元通りにすることは困難です。地球環境法学科は、そうした現代社会の要請と期待に応えることを目的としています。本学科での学びを通じて、環境問題に関する世界と日本の法システムに関する素養と法的思考力を身につけ、持続可能な社会を創り支える人材を養成します。環境行政・政策についての専門知識を備えた行政官、環境問題を扱う弁護士、企業における環境対策の専門家、環境NGOスタッフなど、さまざまなタイプの専門家育成も大きな目標としています。

カリキュラムの特徴

「法学入門」「憲法」「民法」「行政法」など法律の基本科目を確実に修得したうえで、世界の環境関連ルールに関する総合的な知識と思考力を身につけるため、「環境法入門」「環境法総論」「環境法各論」の基礎科目から「環境訴訟法」「自然保護法」「企業環境法」などの専門科目へと発展的にカリキュラムが構成されています。
環境問題はグローバルなレベルで対処が必要なことから、国際関係法学科の科目群を履修することで国際法・比較法の視点を学ぶことも可能です。加えて環境問題への政策的対応には学際的な知見を要することから、政治学、行政学、社会学、経済学、倫理学など多方面からのアプローチも学習できます。

教員・研究分野

職名
氏名
現在の専門分野
教授
伊藤 栄寿
民法、物権法
教授
川瀬 剛志
国際経済法
教授
北村 喜宣
環境法政策、規制執行研究、自治体と法
教授 
桑原 勇進 
環境法
教授
羽生 香織
民法、家族法
教授
堀口 健夫
国際法、国際環境法
教授 
三浦 まり 
現代日本政治、比較福祉国家、ジェンダーと政治
教授
筑紫 圭一 
環境法、行政法