上智大学

大学案内 教職協働・職員協働イノベーション研究

教職協働・職員協働イノベーション研究

本学が競争的環境の激化による厳しい経営環境の中で、個性際立つ「世界に並び立つ大学」としてさらなる発展を遂げるためには、既存の概念に捉われない大胆且つ自由な発想による改革が必要です。

2012年8月の中央教育審議会の答申「新たな未来を築くための大学教育の質的転換に向けて」においても、わが国の目指すべき社会像として「主体的な思考力や構想力を育み、想定外の困難に処する判断力の源泉となる教養、知識、経験を積むとともに、協調性と創造性を合わせ持つことのできるような大学教育への質的転換」が求められておりました。

そして、この教職協働の取り組みは、まさしく「知識を基盤とした自立、協働、創造モデル」を教職員自らが実現していく方法です。 また同時に、学院の教員と職員が協働し、あるいは職員が所属部署の枠組みを超えて協働して、学院行政および教育・研究体制の改革に向けた、実現可能な研究・政策提言を行うことは、学院全体の組織ネットワーク力の開発でもあり、組織力の向上にも寄与しています。

現在、第5回(2014~2015年度)においても5件の研究プロジェクトが運営されているだけでなく、過去の幾つかのプロジェクトについては、実際の事業段階へすでに移行しています。

教職協働・職員協働イノベーション研究プロジェクト一覧(各年度のプロジェクト詳細をご覧頂けます)

第1回(2010~2011年度)(121.83 KB)
Ⅰ : 上智大学における研究推進体制について
Ⅱ : 本学における外国人留学生受入れ戦略の研究・立案-関係3者(留学生、学内教職員、学外教育機関)の聞き取り調査から見えてくるもの-
Ⅲ : 『上智ブランド』構築と定着化のための広報戦略の研究
Ⅳ : 学生による学生支援(ピア・サポート)の本学でのあり方について
Ⅴ : ペーパーレスによる省エネ業務フローの構築
Ⅵ : 個人情報管理体制強化に向けた組織づくり

第2回(2011~2012年度)(102.04 KB)
Ⅰ : 上智大学におけるバリアフリーの現状と実現に向けて
Ⅱ : 学校法人における管理会計のあり方と本学への導入について~確固たる財政基盤の構築に向けて~
Ⅲ : 続・ペーパーレスによる省エネ業務フローの構築-創立100 周年事業としての教職員・学生ポータルの導入を目指して-

第3回(2012~2013年度)(145.50 KB)
Ⅰ : 上智大学における課題解決を促進するフューチャー・セッションの開催および上智大学フューチャー・センターの設置の可能性を模索する研究
Ⅱ : 上智大学における発達障害のある学生への支援のあり方に関する提言 -入学前から卒業まで-
Ⅲ : 四谷の立地を活かした今後の学院の展開について~女性トップキャリアの拠点化を例として~
Ⅳ : 高等教育機関の経営戦略分析に関する基礎研究
Ⅴ : EMIR (Enrollment Management/Institutional Research)の研究

第4回(2013~2014年度)(207.57 KB)
Ⅰ : 上智大学フューチャー・センターを持続可能な組織とする方法の研究 —NPO法人化を視野に入れて—
Ⅱ : 上智大学の特色を活かした2019年ラグビーワールドカップおよび2020年東京オリンピック・パラリンピックの支援とグローバル人材育成との連携の検討
Ⅲ : 四谷の立地を活かした今後の学院の展開について ~女性トップキャリアの拠点化を例として~ Ⅱ
Ⅳ : サービスラーニングプログラムを正課授業として定着させるための諸条件についての考察 -FLA 3.11ボランティアプログラムやその他の活動の検証を踏まえて-
Ⅴ : 首都圏外出身学生をいかに確保するか ~本学の「関東ローカル化」克服に向けて~

第5回(2014~2015年度)
Ⅰ:2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会で上智大学ができること:医療・看護・福祉・介護分野における多言語対応情報提供システム構築を目指した人的・組織的ネットワークの構築とシステムの概念設計
Ⅱ:上智大学フューチャー・センターを持続可能な組織とする方法の研究 —基盤強化と学内組織化の検討—
Ⅲ:福祉専門職を目指す学生と地域住民の連携による”ケアフェス”協働運営学習プログラムの検討 ~地域包括ケア時代に必要な連携力を養うために~
Ⅳ:上智大学の特色を活かした2019年ラグビーワールドカップおよび2020年東京オリンピック・パラリンピックの支援とグローバル人材育成との連携の具体化
Ⅴ:都市型大学におけるキャンパス施設・設備の運用・管理手法(施設マネージメント)の構築