上智大学

キャンパスライフ カウンセリングセンター

カウンセリングセンター

大学時代は、自由で可能性に満ちた時期ですが、同時に様々な問題に直面し、重大な選択を迫られる時期でもあります。カウンセリングセンターは、学生生活の中でぶつかる大小さまざまな問題をカウンセラーと話し合い、具体的な対処・解決方法を見出していくところです。1年生から大学院生まで毎年延べ5000人以上の利用があります。自主的に来談する人がほとんどですが、友人と一緒に来たり、先生に勧められて来る人もいます。

センタースタッフは、皆さんがより充実した大学生活を送り、自らの力で自分なりの解決を目指していけるようにお手伝いをしていきたいと考えています。

★【重要なお知らせ】★
昨今報道されている事件や重大な事故などで、強い心理的な衝撃を受けると、落ち着かない感じがしたり、眠れない、食欲がない、気力がない、息苦しいなど、生活に支障をきたすことがあります。そんな時は、遠慮せずカウンセリングセンターに相談に来てください。回復のためのリーフレットを用意しています。
また、こうした反応は直後に出ることもあれば、ずっと時間がたってから生じることもあります。その場合も1人で抱え込まず、カウンセリングセンターに相談に来てください。


利用案内

カウンセリングセンターの利用についてご説明します。

利用案内

ワークショップ・セミナー案内

カウンセリングセンター主催・共催ワークショップ・セミナーについて説明します。

ワークショップ・セミナー案内
アサーショントレーニング 気持ちのいい人間関係作りのヒント

アサーションとは、自分も他人も大切にする自己表現、コミュニケーションスタイルのことです。グループに参加することで、気持ちのいい人間関係作りのヒントを得ることを目的とします。参加費は無料です。皆さまの参加をお待ちしています。詳しい内容は添付ファイルをご覧ください。


カウンセリングってどんなもの?

カウンセリングについてご説明します。

カウンセリングってどんなもの?

教職員の方々へ

学生支援の一環として、教職員向けコンサルテーションサービスを行っています。

教職員の方々へ

ご家族の方々へ

学生への対応について

ご家族の方々へ

外部の方々へ

上智大学における利用可能な機関のご紹介

外部の方々へ

リーフレットについて

カウンセリングセンターで発行しているリーフレットの紹介です。

リーフレットについて

目白聖母キャンパスの皆さんへ

目白聖母キャンパスカウンセリングセンターの利用についてご説明します。

目白聖母キャンパスの皆さんへ

災害時のこころのケア

2018年7月豪雨、
2018年6月18日以降の大阪府北部地震、
2016年4月14日以降の熊本、大分の地震、
及び2011年3月11日に被災された皆さまへ


カウンセリングセンターニュースについて

カウンセリングセンターから発行しているニュースレターの紹介です。