上智大学

キャンパスライフ ボランティア・ビューローの取り組み

ボランティア・ビューローの取り組み

上智大学独自の取り組み

◆災害復興支援ボランティア

(1)災害復興支援ボランティアへの交通費補助

ボランティア・ビューローでは、災害復興支援ボランティアを行なう学生の経済的負担を軽減するために、交通費の補助を行っています。

補助の適用には、事前申請や活動報告書の提出、交通手段等の条件があります。補助の上限回数は年度で1人10回です。
詳細はLoyola掲示板(ボランティア)をご確認下さい。

 

東北復興支援
ボランティア

熊本地震・九州豪雨災害
復興支援ボランティア

平成30年7月豪雨災害
復興支援ボランティア

  令和元年台風19号
  災害復興支援
  ボランティア


活動場所


 岩手県・宮城県・福島県
 

熊本県・福岡県・大分県 
(注1)

岡山県・広島県 
 
 
 栃木県・千葉県
 茨城県・長野県


補助金額


上限15,000円
 
 
上限35,000円
 
岡山県/上限28,000円
広島県/上限29,000円 
栃木県・千葉県/上限3,000円 
茨城県・長野県/上限5,000円

(注1)九州3県の交通費補助については、原則として、熊本県・大分県・福岡県内—羽田(または成田)の航空券代に限定します。それ以外の場合は、予め窓口で確認してください。


  • 宮城県南三陸町でのボランティア活動
  • 岡山県倉敷市でのボランティア活動

(2)応募型の企画助成制度

2015年度から、学生の災害復興支援の経験を踏まえた主体的な支援活動をサポートするために、応募型の企画助成制度を立ち上げました。学生独自の目線で、学生ができうる主体的な支援企画に対して助成を行うことで、被災地への継続的な支援と風化防止の一助を担うことを目的としています。詳しくはLoyola掲示板(ボランティア)をご確認ください。

  • 2020年度採択企画
    防災WEEK 第7回目となる2020年度は、オンラインで開催(10/12~16)。防災クイズ配信、防災川柳コンテスト、「人生に役立つ防災哲学」講習会、「Sophia Volunteer Network」の活動紹介などを実施しました。
  • 2020年度採択企画 
    みちのくRenaissance 東北地域へのバーチャルスタディーツアー、東日本大震災やボランティアに関するオンライン勉強会、他団体とのコラボ企画などオンラインでの活動を活発に行いました。

(1)(2)の各助成につきまして、本学後援会様からの寄附をサポートの財源としております。


◆夏期休暇中のプログラム

(1)過疎地の活動(宮城県南三陸町)

2017年度よりスタートした、宮城県南三陸町で漁業体験・民泊体験をする1泊2日のプログラム。
人口減少や高齢化が進み、さらに震災で人口流出が避けて通れない地域における持続可能な集落地域づくりについて、今後どのような対策が必要になるかを実際の漁業体験などを通して考え、自然の中での豊かな暮らしや農村・漁村の持つ日本独自の本来の価値を再考する。

【参加者の感想】
・近隣の繋がりを大切にしており、食べ物を近所の人同士、共有するのは当たり前で町内の模しには町中の人々が参加する、素晴らしい交流を知った。
・交流人口や移住者の拡大のためには体験事業が有効だと感じた。今回のような体験事業を通し、漁業の奥の深さを初めて知った。
・震災関連のお話では復興の先にある未来の町、理想の町の話をしてくださる方が多く感銘を受けた。
・復興の中において、持続可能な街をめざしたまちづくりがされている。特に漁業体験では、養殖場の数や牡蠣の大きさなどを実際に見ることができ、とても印象に残った。私達が普段生活している中でこうした漁業や農業などに直接関わることは少ないが、例えば認証(南三陸町では、海の環境の証であるASC認証を2016年に取得している)を獲得した商品を積極的に購入するなど、私たちも出来ることがあるのではないかと思う。


(2)飯舘村交流

2014年度より毎年継続しているプログラム。
福島県相馬郡飯舘村(注2)を訪問し、村立飯舘中学校の中学生と夏期休暇中の7~8日間(年度によって変更有)程度、学習支援・部活動支援などを通して交流しています。

(注2)2017年度までは避難先の飯野町校舎にて活動。2018年春に飯舘村内の新校舎での授業を再開したことに伴い、2018年度より飯舘村校舎にて活動。

  • 学習支援の様子
  • 飯舘村菅野村長との懇親会にて

◆ボランティア養成講座

手話講座をはじめ、その他ボランティア養成講座を開催しています。詳しくは 「ボランティア養成講座」もご覧ください。募集詳細については、Loyola掲示板でご確認下さい。


◆チャリティーベンダー

学内に多数設置している飲料の自動販売機のうち、4台の自動販売機を『チャリティーベンダー』として、誰でもボランティア募金ができる仕組みになっています。

学内の自動販売機は、通常価格より安価(主に20円引き)で販売していますが、チャリティーベンダーでは通常価格での販売とし、学内販売価格との差額を災害支援などに向けて寄付しています。


◆「使用済ハブラシ」と「使い捨てコンタクトレンズの空ケース」の回収

プラスチックごみの削減に向けて、「使用済ハブラシ」と「使い捨てコンタクトレンズの空ケース」の回収ボックスを学生センター内(入口左手)に設置しています。「使い捨てコンタクトレンズの空ケース」は9号館地下アクティブ・コモンズ入口横にも設置しています。
回収した使用済ハブラシは、テラサイクルとライオン株式会社が協働でおこなっている“LIONハブラシ・リサイクルプログラム”、使い捨てコンタクトレンズの空ケースは“アイシティecoプロジェクト”にお送りし、それぞれリサイクルされます。

この活動は、地球環境保全のためにできることとして、ボランティア・ビューローに意見を寄せた学生の提案から始まりました。
検討を重ねていく中で、学生有志団体“+Re:”(プラリ)を立ち上げ、この活動の企画・運営を担っていくこととなりました。

皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

【団体名“+Re:”(プラリ)にこめた思い】
「+」は、プラスチックの「プラス」と、「私たちの日常に『リユースやリサイクル、リデュース(3R)』を+αの要素にする」という2つの意味を掛けています。
「Re」はこの言葉の「再び」という意味に、当団体が目指す「3Rのさらなる促進」への思いを重ねています。
そして「:」には「永遠」という意味があり、この3Rの活動を末永く続けていきたいという意志が込められています。

+Re:Instagram → @purari_sophia2021

※ハブラシ・リサイクルプログラム、アイシティecoプロジェクトの詳細についてはこちらをご覧ください。

ハブラシ・リサイクルプログラムアイシティecoプロジェクト