上智大学

キャンパスライフ 基本方針

上智大学障がい学生の修学支援に関する基本方針

本学の障がい学生修学支援の基本理念

 上智大学は、イエズス会の教育精神“Men and Women for Others, with Others”を継承する大学です。私たちは、存在そのものが善であり、人間としての尊厳において平等であると考えています。また、全ての学生がその能力を最大限に生かせるように成長を続け、他者のために役立つ人材となることを目指しています。
 このような本学の理念に加えて、2006年に国連総会で採択された「障害者の権利に関する条約」に基づき、障がい学生に対する不当な差別的取り扱いを無くし、障がい学生が学習や研究を進めることができるよう、障がい学生と大学が話し合い、上智大学として可能な合理的配慮(reasonable accommodation)※ を提供します。
 また、全ての学生が障がいについて理解を深め、適切な理解のもと相手の視点に立った行動を実践し、ともに共生社会を実現していくことを目指します。

※合理的配慮(reasonable accommodation)とは

 「障害者の権利に関する条約」第2条において「障害者が他の者と平等を基礎として全ての人権及び基本的自由を享有し、又は行使することを確保するための必要かつ適当な変更及び調整であって、特定の場合において必要とされるものであり、かつ均衡を失した又は過度の負担を課さないものをいう」と定義されています。
 本学の障がい学生支援においては、授業や実験、実習等において、障がいのある学生がその障がいにより修学上必要な環境や情報を得ることができない場合に、それらを保障する目的で大学が行う変更や調整、および評価に際して本人の学習の程度を適切に判断するために行う変更や調整を意味します。


支援対象

 上智大学に在籍する学生であって、障がいにより修学に著しい制限が生じている学生。
 基本的に、授業や実習、試験や大学行事等で大学が支援の必要性を認め、かつ提供できる範囲とします。


支援を通して目指すもの

 全ての学生に求められる、大学生活や卒業後の生活においても必要な力のうち、特に3つの力を取りあげ、障がい学生支援の目標に掲げます。

 ①援助要請力:困ったときに相談し、必要な支援を求めることができるようになる。
 ②自己理解力:自信を深め、納得できる生き方を探るために、自分の得意なことや不得意なことを知る。
 ③工夫する力:自分でできることを増やすために、視点を変えたり、情報を収集したりし、自分なりに工夫する。