上智大学

キャンパスライフ インフルエンザ

インフルエンザ

インフルエンザにかかったとき

インフルエンザに罹患した場合の登校禁止期間は、学校保健安全法施行規則の改正(平成24年4月1日施行)にもとづき、「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまで」とします。

保健センターへの報告方法

学生がインフルエンザに罹患した場合は、他の感染症と同様、Loyolaアンケート、FAX送信で保健センターへ報告してください。(報告はいずれかの方法でお願いします。)登校が可能になりましたら 感染症治癒後登校許可証明書 (171.25 KB) <PDF>をダウンロードし、授業担当教員にコピーを提出するとともに原本を保健センターへ提出してください。

FAX
保健センター FAX 03-3238-3879
インフルエンザ、麻しん等の感染報告FAX用紙 (45.31 KB)

Loyola
アンケート

電話
保健センター TEL 03-3238-3394
(質問等がある場合は、電話での連絡をお願いします。)

新型インフルエンザ、インフルエンザに関する全般的な情報は下記を参考にしてください。

Be careful not to be infected with influenza

lease try for hand-washing, gargling, mask wearing to prevent infection.

When a student has contracted influenza:

1. Student notifies the Health Center by fax (download the Fax form(45.31 KB) from the university website.) or through Loyola (questionnaire “Survey about Influenza , Measles, and so on”)>.

2. Student must follow the doctor’s instructions and stay home until there is no risk of infection.

3. Student must download the form, “Doctor’s permission to return to campus – stating satisfactory recovery from infection”(66.26 KB) from the university website, and then ask the physician to give a written permission on the form. (a form prepared by the hospital is acceptable if the period of required absence is clearly written.)

4. Student must give the original copy of the form to the university Health Center. He or she is also required to give a photocopy of the form to the instructor of each course he or she is enrolled in.